Compound exchange banner

Compound取引所についての完全ガイド

仮想通貨の世界が拡大し続ける中、今では様々な取引所や新しいデジタルコインが登場する門戸が開かれています。以前と比べ、より多くの人々がそれについて読み、投資をすることで関心を持つようになっています。その点、今日台頭してきた分散型プロトコルの1つが、仮想通貨が単なる取引資産ではなくなるための道を開く革命的なネットワークである「複合取引所」です。Cryptoshimbunでは、このガイドに目を通すことで、その詳細を知ることができます。

Compoundの歴史

Compoundは、ユーザーが仮想通貨を借りたり、貸したり、金利を得ることができる分散型プラットフォームです。かつて在庫に特化した企業、Britchesのフードデリバリーサービス、PostMatesで活躍していたロバート・レシュナー氏とジェフリー・ヘイズ氏によって2017年に設立されました。現在、彼らはCompound Labs, Inc.で、レシュナー氏がCEO、ヘイズ氏がCTOとして高い経営責任を担っています。また、エンジニアを中心に、この分野の専門家である人物とチームを組んでいます。

2018年、CompoundはAndressen HorowitzとBain Capital Venturesという有名ベンチャーキャピタルからの投資により、820万ドルを調達しました。そして2019年には、Coinbaseが共同設立したParadigm Capitalというファンドプログラムのような新しいパートナーシップとともに、同じ投資家からさらに2,500万ドルを調達しています。その際、COMP仮想通貨の総供給量のうち一部が、これらの投資家と同社の残りの従業員に渡されました。

Compound取引所の最大の特徴は?

Compound取引所では、イーサリアム(ETH)やユニスワップ(UNI)を含む14種類の仮想通貨や他のステーブルコインを扱っています。同取引所は短時間ですぐに取引を実行するスマートコントラクト機能を備えています。以下の上位2つの特徴を見て、Compound取引所の仕組みをより深く理解しましょう。

独自のガバナンス

多くの暗号取引所とは異なり、Compoundは独自のガバナンス構造で動作し、ユーザーのCOMPトークン保有量によって決定されます。COMP、つまりCompoundのネイティブガバナンストークンは、さまざまなタイプの投資家が投票やプロトコルへのさまざまな変更の提案など、取引所の特定の意思決定を行うことを可能にします。この分散型コミュニティでは、誰もが自分の意見を共有することができます。なお、COMPの現在の価格は101.40ドルで、時価総額は7億1,000万ドルとなっています。

お金のための安全なプロトコル

セキュリティは、Compound取引所の最大の特徴の1つで、社内の特定のチームと第三者監査人およびコンサルタントによって開発されました。プラットフォーム上のすべての契約コードと残高は、一般の人々によって検証することができます。

さらに、セキュリティ研究者がプロトコルの予期せぬ脆弱性を発見するたびに、バグバウンティが与えられます。お金、特にデジタル資産のための安全なプロトコルであることを証明するために、彼らは様々な安全手続きを適用し、その内容は以下の通りです。

  • 調査会社Trail of BitsとdAppsに特化したOpenZeppelinによる審査と監査
  • ストレステストプラットフォーム「Gauntlet」による安全性の評価
  • 予期せぬバグを発見したユーザーや研究者には、500ドルから15万ドルの謝礼が支払われます

Compound取引所の主なサービス

仲介者が不要なため、取引は簡単で便利です。また、借り手が貸し手側に資金を預けていることを除けば、処理にかかる手数料は不要です。一方で、2者間の合意を即座に実行するスマートコントラクト機能により、タスクを迅速に完了させることができます。Compoundには、主に2つのサービスがあります。詳しくは以下をご覧ください。

貸し出し

仮想通貨を所有するユーザーは、これらのデジタル資産を特定の人に貸し出し、そこから金利を得ることができます。このプロセスは、「貸し出し」という言葉とは別に、ロック、送信、預け入れなど多くの名前で呼ばれています。

従来の銀行口座への預金と比較すると、コンパウンドは分散型ネットワークであるため、この機能は他の人のあらゆる種類のデジタル通貨の預金と一緒に大きな資金プールに入ることができる点が異なっています。

注意すべきは、口座に入金した仮想通貨で支払いを受けるということです。

借り入れ

貸し出しとは別に、Compound取引所には借り入れサービスもあり、ユーザーは自分のポートフォリオの一部をCompoundの資金プールに預けることができます。この場合、ユーザーは資金プールから一定額を無条件で借り入れることができます。ただし、借入額は現在の預金口座の総額を超えてはなりません。

したがって、借り手は自分の資金が担保になるように十分すぎるほどの預金を持つ必要があり、これはほとんどの伝統的な銀行と同様の仕組みになっています。借り手には一定の利息が実装されており、これは取引プロセス中にプロトコルによって自動的に実行されます。金利は、使用される特定の種類の仮想通貨とその現在の値によって異なります。

cTokenとCOMPコインの比較:同じものですか?

COMPコインとcTokenは同じではありません。Compound取引所ではどちらのデジタル通貨も使用されていますが、cTokenとCOMPコインは別のものです。cTokenはERC20トークンとも呼ばれ、プラットフォーム上のアカウントに預けられたユーザーの資金を表します。MetamaskやCoinbaseウォレットなどのイーサリアムウォレットを使用して鋳造することができます。

一方、COMPコインは、ユーザーがプラットフォーム上で資産を借りたり、引き出したり、返済したりするたびに、ユーザーが行うアクションを奨励するために使用されます。したがって、両方のデジタル資産は、Compoundの使用におけるあなたの経験を最大化するために必要です。

今すぐCompound取引所を体験してください!

Compound取引所は比較的新しい市場ですが、このデジタル時代に多くの可能性を示している成長中のプラットフォームです。仮想通貨は取引のための資産であるだけでなく、ほとんどの不換紙幣がそうであるように、借りたり貸したりすることができることを表しています。さらに、ユーザーはそのネットワークを通じて受動的に収入を得ることができます。今日、彼らのサイトを訪れて、試してみてください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。