crypto with limited supply

仮想通貨の固定 vs 無制限供給:何が違うのか?

仮想通貨とフィアット通貨の共通点の一つは、どちらも需要と供給の原則に沿って成長と市場価値を決定していることです。例えば、ビットコインのソースコードに記載されているように、暗号化されたエコシステムには21,000,000ビットコインしか存在しません。つまり、ビットコインが供給上限に達すると、それ以上のコインの流通は許されません。

また、供給量が無制限のデジタル通貨もあります。マイニングできるトークンやコインには生涯上限がないため、これらの仮想通貨はインフレになります。これに伴い、より多くのコインが流通に投入され、継続的に供給されることになります。

しかし、一部の仮想通貨投資家が、供給量が限られている仮想通貨への投資を好む理由を不思議に思うかもしれません。なぜ、仮想通貨業界で無制限の予備を提供できるコインやトークンよりも理想的なのでしょうか?その違いについて詳しく知りたい方は、以下を読み進めてください。

供給量が無制限の仮想通貨

無制限に供給されるデジタル通貨は、インフレを起こします。仮想通貨のエコシステムに適用すると、コインが流通に乗れば乗るほど、その価値は失われていきます。

例えば、ドージコインは、84,000,000LTCという有限の供給量を持つライトコインは異なり、希少性を内蔵していません。

CoinMarketCapによると、執筆時点で132,000,000,000個以上のDOGEが流通しているといいます。5年ごとに、総供給量は5,000,000,000だけ拡大し、それは永遠に続く可能性があります。希薄化によってトークンの価値が下がるため、これではドージコインは長期投資の対象から外れてしまいます。

しかし、これは投資家がデジタルウォレットにコインを備蓄するのではなく、コインを取引することを促します。そして、そのインフレ性にもかかわらず、ドージコインは市場で10位を維持しています。

ここでは、あなたが投資できる無制限の供給を持つ仮想通貨の他の例を紹介します。

イーサリアム(ETH)

供給量が無制限のデジタル通貨として最も知られているのがイーサリアムです。しかし、他のコインと異なるのは、開発者が固定の供給量を発行する方法を見つけたことです。つまり、総供給量にかかわらず、年間で同じ1,800万ETHがマイニングされるということです。その結果、多くのトークンがマイニングされればされるほど、インフレ率は低くなります。

本稿執筆時点では、118,559,561.50ETHの流通量があります。

モネロ (XMR)

供給量が無制限のデジタル通貨として最も知られているのがイーサリアムです。しかし、他のコインと異なるのは、開発者が固定の供給量を発行する方法を見つけたことです。つまり、総供給量にかかわらず、年間で同じ1,800万ETHがマイニングされるということです。その結果、多くのトークンがマイニングされればされるほど、インフレ率は低くなります。

本稿執筆時点では、118,559,561.50ETHの流通量があります。

モネロ(XMR)

2014年に登場したモネロは、ネットワーク内の取引を追跡不可能かつ匿名にすることを目的とした、プライバシーを重視した仮想通貨です。リングシグネチャとステルスアドレスを使用して身元を隠し、特定の取引の総額を隠すことができます。

イーサリアムのように、ネットワーク内でマイニングされるモネロトークンの量は一定ではありません。モネロは、常に流動的な供給を維持するために、市場に参入すべき新しいトークンを作成する義務があります。それは何年にもわたって成長し続けるので、価値の貯蔵庫として使用するには不適当な仮想通貨です。

執筆時点での流通供給量は18,038,606.15 XMRです。

供給が限られている仮想通貨

供給が限られている仮想通貨は、逆にデフレーションという現象が起こります。平たく言えば、現在流通しているトークンやコインは、年を追うごとに価値が上がっていきます。つまり、コインの量が限られた供給量と一致するようになると、徐々に希少価値が出てくるため、投資家はコインを取引したくなるのです。

その代表例がビットコインです。21,000,000BTCがすべて生成されると、採掘できるコインはなくなります。現在、供給量の90%が流通しており、これは18,887,743.00BTCに相当します。ビットコインの供給量を増やすには、プロトコルを変更しなければ実行できません。

これにより、ビットコインのハードキャップは、特に投資に関しては、その貴重な属性の一つとなっています。

供給量が限られている仮想通貨の他の例を以下で確認してください。

カルダノ (ADA)

2017年に開発されたカルダノは、ADAをネイティブトークンとして使用しています。プルーフオブステークコンセンサスで動作するパブリックブロックチェーンプラットフォームとされており、ユーザーは所有するトークンの数に応じてブロック取引を検証することができます。

このデジタル通貨の総供給量は45,000,000ADAに限定されています。現時点では、すでに33,719,282,563 ADAが生成されています。

ライトコイン (LTC)

ライトコインは、ビットコインの銀版として知られています。2011年に仮想通貨市場にリリースされると、ビットコインの強力な競争相手となり、低い取引手数料と低いブロックタイムを提供しました。

その限定供給量は84,000,000LTCで、現在、合計69,089,132.32LTCがマイニングされています。ライトコインブロック報酬半減カウントダウンによると、最後のブロックが生成されるのは2142年と予想されています。

バイナンスコイン (BNB)

バイナンスコインは、仮想通貨の交換サイトであるBinanceのネイティブトークンです。しかし、Binanceのトークンになる前は、ERCトークンとしてイーサリアムブロックチェーン上で運用されていました。Binanceは四半期ごとに収益の5分の1を利用して、ネットワーク内のコインを永久に燃やします。

このようにして、トークンを燃やすことで、これらの資産を流通させず、トークンの価格上昇をコントロールすることができます。Binanceは、3ヶ月以内にプラットフォーム上で行われた取引の数に基づいて、コインのバーニングを行っています。

CoinMarketCapによると、Binance Coinはすでに上限に達しており、合計166,801,148.00 BNBとなっています。

固定式と無制限式:どちらに投資すべきか?

供給量が無制限の仮想通貨はインフレを起こしますが、全く価値を持たないというわけではありません。例えば、イーサリアムは供給量が固定されていないにもかかわらず、現時点で562,772,477,181米ドルの時価総額を持ち、仮想通貨市場で第2位の地位を占めています。

しかし、供給量が限られている仮想通貨は、時間が経過しても価値が維持されたり、増加したりするため、より魅力的であり、投資家のトップチョイスであり続けます。

投資家としては、ハードキャップのコインやトークンが、市場価値を高める可能性を秘めているかどうかを見極める責任があります。需要と供給の原則に加えて、価格の歴史、コミュニティの活動、将来のフォークの計画など、他の要素も考慮する必要があります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。