crypto guide banner knowledge

仮想通貨の始め方を初心者向けに解説

最近のデジタル資産を運用する流行では、多くの人が仮想通貨に興味を抱かずにいられない。キャッシュレス化が主流になりつつある中、多くの人が、効率的かつ、費用対効果が高く、透明性のある分散型資産のメリットの恩恵を受けるためにも、仮想通貨投資を試してみたいと考えているだろう。仮想通貨取引に挑戦するのは大変なことだ。効果的に取引するためには、正しい知識と情報を備えていなければなりません。適切な知識がなければ、すべての投資資金を失うような招待状である。だからこそ、あなたが仮想通貨の初心者であれば、これは仮想通貨取引を始める上で役立つガイドブックとなるだろう。あなたが仮想通貨専門の投資家になる上で、知っておくべき情報はたくさんある。しかし、それ以前に知っておくべき3つの基本がある。:仮想通貨を保存し、仮想通貨取引への交換、および仮想通貨間の取引。これらの取引概要を知ることで、仮想通貨業界をより深く理解することができるだろう。

フィアットから仮想通貨へ

名前が示すように、フィアットから仮想通貨取引をするには、仮想通貨取引所サービスを使用し、デジタル資産に交換することにより、お金を投資できる。取引所は多く存在するが、特定のニーズに応えることができるサイトを見つけることがベストだろう。そして選んだ取引所でアカウントを開設する必要がある。自身の銀行の詳細をリンクさせ、取引したい仮想通貨を購入する。これらを行う前に必ずサイト上の次の機能をチェックすることを確認してください。:

  • ヴァリディティ

仮想通貨取引プラットフォームでチェックすべき最も重要なものの一つは、いくつかの国で動作するようにライセンスされていない交換サイトがあるので、居住国での合法性(ヴァリディティ)である。.

  • リピュテーション

暗号取引プラットフォームを使用する前に、会社の評判を確認してください。レビューを読んだり、サービスを使用したことがある知り合いに確認するようにしよう。さらに、サイトを訪問し、提供されているサービスの理解を深めるために利用規約を読んでください。

  • 為替レート

考慮すべきもう一つの要素は、為替レート。提供するレートとの大きな違いがあるかどうかを確認するために、いくつかの異なる仮想通貨取引所と比較してください。

  • 安全性

取引所サイトを利用する際には、セキュリティ面を最優先してください。取引サイトがプライバシー保護や安全面を優先して確認してください。使用しているサイトが法律や規制に準拠しているかどうか、許可証を持っているかどうか、仮想通貨投資家から素晴らしいフィードバック得ているかを確認しよう。

仮想通貨間での取引

仮想通貨間取引は、あるユーザーから別のユーザーへのデジタル資産を交換するピアツーピアである。取引を通じて、両当事者は双方の資産とプライベートキーを完全にコントロールすることが可能だ。

このようにダイレクト取引は、2つの双方で異なるブロックチェーンを使用している場合でも、取引を実行することが可能。さらに、異なる通貨を取引することも可能である。ここでは、デジタル資産の取引を始める前に知っておくべき概念をご紹介しよう。:

  • スキャルピング

スキャルピングは、マーケット内で最も一般的なクリプト取引戦略の1つである。このコンセプトは、短時間で小さな取引を行うことだ。通常、スキャルピングは1時間未満で完了する。スキャルピングでは、取引で発生する利益よりも、取引量の方が重要である。.

  • リザーブ・トレーディング

リザーブ・トレーディングは、仮想通貨のなかでも上級者向けな戦略である。このコンセプトは、一般的なトレンドとは真逆の考えに基づいている。本質的には、逆売買のゴールは、トレンドが反転しようとしている時間やタイミングを特定すること。また、この手法は、その日の資産の高値と安値の予測にも取り組める。

  • モメンタム・トレーディング

モメンタム・トレーディングは、仮想通貨取引の中で最も簡単な方法の一つだ。この取引を行うためには、あなたが取引している市場や資産の勢いを分析する必要ある。 これは簡単に別の観点で見ることができるが、最も危険なものともみなされている。通常、モメンタム・トレーディングは、市場の現在のトレンドのボリュームに重きを当てている。

  • フェージング・トレーディング

フェージングは、トレーダーが市場のトレンドの流れに逆らって行く戦略である。しかし、この戦略は、1つの間違った評価をくだせば、巨額の損失をもたらす可能性があるため、最も危険な戦略の一つとしても考えられている。同様に、フェージング・トレーディングを正しく使用すれば、多額の利益を得ることも可能だ。

  • ボラティリティを利用したデイトレード

仮想通貨のボラティリティは、しばしばネガティブなものとして見られているが、正しく活用することができれば、トレーダーにとって多くのチャンスを生み出すことができるだろう。デイトレードでは、仮想通貨ユーザーは小さな取引を行い、莫大な利益を生み出している。.

  • ディップとホールドの購入

ディップとホールドの購入は、価格が下落しているときに仮想通貨を購入するときに採用される戦略である。市場のディップを敬遠する人もいるかもしれませんが、実際には、仮想通貨を取得し、価値が再び上昇するまでの間、保持するためには良い方法である.

  • レンジ・トレーディング

レンジ・トレーディングは、株やFX取引に頼る手法である。このタイプの取引をマスターするには、トレーダーはローソク足チャートの分析を学ばなければなりません。通常、このタイプの取引は、購入または売却する前に抵抗レベルに向かってステアリングをかけているときに、資産のサポートレベルの反発を見ている。

  • 高頻度取引 (高速取引)

HFTまたは高頻度取引は、デジタル資産の取引の中でも最も複雑な方法の一つであり、最も収益性の高い方法であると考えられているだろう。このタイプの取引では、人々は通常、手動で取引を行う代わりにアルゴリズムに依存。これにより、トレーダーは数秒で簡単に取引を実現させる。しかし、このタイプの取引では、結果の精度を測定するために、多くの分析とテストランを必要とする。

仮想通貨取引での成功は、一朝一夕ではないだろう。資金を効果的に取引するためには、適切な情報と経験が必要だ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です