Analytics says one bitcoin turned bearish banner

仮想通貨アナリティクス企業、あるビットコイン指標が弱気に転じたと発表 – しかし、そこには落とし穴がある

仮想通貨分析プラットフォームSantimentは、ある重要な指標がビットコイン(BTC)の弱気なムードを示していると述べている。

Santimentによると、ビットコインのソーシャルドミナンスレベル(アルトコインに対するビットコインの議論率)は現在13.15%です。

この分析プラットフォームによると、仮想通貨の価格は通常、ソーシャルドミナンスレベルが20%を超えると上昇し始めるといいます。Santimentはさらに、長期トレーダーは現在、潜在的に市場に再突入する前に、主要な暗号資産のソーシャルドミナンスレベルが再び上昇するのを待っていると言います。

「トレーダーは今、損失を補填するために短期的なパンプを追いかけています。弱い手は2022年に仮想通貨から脱落し、長期トレーダーはビットコインが再びスポットライトを受け始めるのを待っています。BTCの社会的優位性が高いとき、価格は通常上昇します。」

ビットコインは執筆時に19,155ドルで取引されており、過去1日で3.44%減少しています。

仮想通貨分析プラットフォームはまた、これまでのところ、今月を通して、デジタル資産価格が一般的な市場センチメントに反して動いていることを指摘したと言います。

Santimentによると、過度の弱気なセンチメントは暗号価格を上昇させ、過度の強気なセンチメントは暗号価格を下落させる結果となりました。

「長期的な群衆のセンチメントはネガティブなままですが、10月のスイングトレードは、強気と弱気のコールの頻度によって決定されました。ソーシャルプラットフォームがあまりにも多くの弱気なセンチメントを示すとき、価格はバウンスします。強気の時、価格は下落します。」

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です