benjamin cowen predicts bitcoin capitulation scenario banner

仮想通貨アナリストのベンジャミン・コーウェン氏が予測するビットコイン(BTC)崩壊のシナリオ – 彼のターゲットはここだ

人気仮想通貨アナリストのベンジャミン・コーウェン氏は、ビットコイン(BTC)が弱気市場の安値を更新する過程で、まだ別の売りのイベントを目撃する可能性があると考えています。

新しいYouTubeのビデオで、コーウェン氏は彼の77万人のフォロワーに、ビットコインの1年間の投資収益率(ROI)指標は、BTCが降伏イベントに向かう可能性があることを示唆していることを伝えています。

「歴史的に、(ビットコインの1年間のROIは)約0.2で底を打ちます。0.2で底を打つには、来月か再来月に13,000ドルから14,000ドルの範囲に下がるのがベストでしょう。そして、おそらくその0.2レベルあたりでヒットするでしょう。なぜなら、私たちは69,000ドルと比較しており、69,000ドルあたりの20%、もしくは少なくとも日々の終値がその13,000ドルから14,000ドルのレベルあたりまで到達するためです」と述べています。

アナリストのチャートを見ると、ビットコインは1年間のROI指標が0.2になると弱気市場の底を打つ傾向があります。

ビットコイン保有者が降参した場合、BTCは底を打った後、突然の強い上昇を見せ、パニック売りに揺さぶられるとコーウェン氏は予測しています。

「もし、ある種の降伏が見られたら、その後にある種の強いラリーが見られるだろう。なぜなら、総合的に考えて、これはビットコインの典型的な底であったはずだからだ。何ヶ月も何ヶ月も70%程度の下げで横ばいになり、最終的にキャピタレーションが見られる。これはビットコインの典型的な弱気市場の底であろう。」

ビットコインは記事執筆時、19,585ドルで取引されています。コーウェン氏のターゲットである14,000ドルへの修正は、BTCの30%近い下げの可能性を示唆しています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です