Biggest Existential Risk to Crypto Industry Banner

Pantera CEO Dan Morehead、暗号産業における「最大の存続リスク」を詳述

デジタルアセットヘッジファンドPantera CapitalのCEO、Dan Morehead氏は、暗号業界が直面している「existential risk」を明らかにしています。

Morehead氏は、暗号産業が創業以来遭遇してきたリスクのほとんどは消滅したが、規制リスクは残っていると述べている。

「私が心配する最大の種類の存続リスクは、やはり規制だと思います。

何年も前に暗号を見始めたとき、リスクの長いリストがありましたよね。うまくいかないことがたくさんあった。そして、そのほとんどは解決されました。現在では、優れたカストディアンが存在し、コードは13年間機能しています。ですから、ほとんどのリスクはなくなりました。

唯一、まだ本当に懸念されるのは、規制の問題で、特に米国では規制が十分に明確になっていないことです」。

Pantera CapitalのCEOによると、米国における規制の不確実性は、イノベーションを妨げ、アイデアや起業家、新興企業をより友好的な国へ追いやることになる。

「規制が明確でないために)企業やプロジェクトが海外に流出してしまうのは残念なことです。あるいは、ネガティブな結果を恐れて、イノベーションを阻害しているのです。

暗号の普及について、Morehead氏は、20~40年以内に世界中のほぼすべてのスマートフォンユーザーがブロックチェーン技術を使用するようになる可能性があると述べています。

「私たちはまだ非常に早いと思います。そして、これに従事している人の数はまだとても少ないです。2億人くらいでしょうか。

スマートフォンを持っている人は30億人いますよね?10年後、20年後にはスマートフォンを持つ地球上のほぼ全ての人がブロックチェーンを使えるようになるのは必然だと思います。」

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です