Bitcoin Bear Market Claims Another Crypto Firm banner image main

ビットコイン弱気市場、Zipmexが破産を申請し、またしても仮想通貨企業が破綻

タイに拠点を置く仮想通貨取引所Zipmexは、水曜日に発表した最新情報によると、債権者からの法的措置に対して破産保護を求めるようです。

先週、ユーザーの引き出しを凍結した同社は、7月22日にシンガポールで様々な事業体のモラトリアム申請書を提出しました。これらはZipmex Asia Pte Ltd、Zipmex Pte Ltd、Zipmex Company Limited、PT Zipmex Exchange Indonesia、Zipmex Australia Pty Ltdが対象とされています。

この措置により、シンガポールの法律に基づき、30日間、またはシンガポールの裁判所が申請に対する決定を下すまでの間、請求者による訴訟の継続または開始に対するZipmexの保護が自動的に付与されることになります。

「これは、Zipmexが活動している間、第三者による訴訟、請求、手続きから保護するのに役立ちます……」と同社は声明で説明しています。

7月20日に取引所でのすべての取引と引き出しを一時停止した後、Zipmexはその後、プラットフォームでの特定の活動を再開しました。同社は昨日、例えばトレードウォレットとNFTプラットフォームは現在完全に稼働しており、これらの製品にこれ以上の中断は予定されていないと指摘しました。しかし、Zipmexで顧客の資金が保管されている主なウォレットであるZウォレットからの引き出しは、依然として凍結されたままとなっています。

同社のトラブルは、テラと仮想通貨ヘッジファンドThree Arrows Capitalの崩壊に続く「仮想通貨伝染病」からのフォールアウトの結果として、深まる弱気市場の中で落ち込んだ仮想通貨価格と相まって発生したものです。5月以来、CoinFLEX、Voyager Digital、Babel Finance、仮想通貨融資会社Celsiusなど、いくつかの仮想通貨取引プラットフォームは、ユーザーの引き出しを凍結しています。

これまで、Three Arrows Capital、Voyager、Celsiusはそれぞれ破産を申請しています。

Zipmexは当初出金を一時停止した際、「重要なビジネスパートナー」との間で財務的な問題が発生したと述べていましたが、同社はその後、Babel FinanceとCelsiusに対してそれぞれ4800万ドル、500万ドルのエクスポージャーがあることを明かしました。

同社は昨日、破産保護によって許される時間を使って流動性問題を解決し、再建計画を立て、今後の事業を支えるための新たな投資を確保する予定であると述べました。同社は、すでに潜在的な投資家から財務を補強するための「正式な登録済み関心」を得ているとしています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です