intel bitcoin asc banner image

インテル、ビットコインマイニングASIC「Bonanza Mine」を公開へ

世界最大級のチップメーカーであるインテルは、今年2022年2月に新しい仮想通貨マイニングチップ「Bonanza Mine」を公開します。この「超低電圧エネルギー効率化ビットコインマイニングASIC」は、電気電子学会(IEEE)の国際固体回路会議(ISSCC)で発表される予定です。

Bonanza Mineは、冗長な計算の必要性を排除しながら、他のASICと同様に効率的に計算を終了させるとしています。こうすることで、全体の消費電力を約15%削減できるといいます。

ただし、インテルがBonanza Mineを販売用にリリースするのか、それとも産業用や研究用のみになるのかはまだ不明です。また、今回の発表が、製品発表なのか、デモンストレーションなのか、それとも単にプロジェクトのアイデアの共有なのかについても確認されていません。

インテルがBonanza Mineを市場に投入することになれば、Ether ASICを提案したBitmainや、最近チップの売り上げが減少するケースが相次いでいるNvidiaといった企業と競合することになります。

昨年12月、IntelのAccelerated Computing Systems and Graphics(AXG)の上級副社長兼ゼネラルマネージャーであるRaja Koduri氏がストリーマー、Dr LupoのYouTubeチャンネルに出演し、同社初のゲーミングGPUの発売を宣伝しました。同氏は、IntelのGPUカードはまだその用途に設計されていないため、Intelは仮想通貨マイニング専用のチップも開発していると述べました。

「GPUは、グラフィックスやゲーム、そういった素晴らしいことをやってくれる。しかし、より効率的なブロックチェーンの検証を、より低コスト、より低消費電力で行なえるようになることは、かなり解決可能な問題だ。そして、ご存知のように、我々はそれに取り組んでおり、ある時点で、できればあまり遠くない未来に、そのための興味深いハードウェアを共有することになるでしょう」。とKoduri氏は語っています。

仮想通貨マイニングに使用されるプロセッサーは、不足し、総売上が減少していることが知られています。この減少にかかわらず、インテルの代表者は、同社がすでに数年間、SHA 256最適化ASICSの周りの設計作業を行ってきたと、彼らの新しいチップに自信を持っています。

2018年、Intelは高性能ビットコインマイニングのための同じアイデアを概説する特許を提出しました。この特許は、ISSCCでIntelが披露する製品のプロセスに含まれると推測されます。ISSCCカンファレンスは、コンピューターチップ業界の優秀な頭脳が、最先端の回路やチップを一流の専門家のネットワークに発表する年に一度の会合です。

仮想通貨に関するニュースや最新情報は、Cryptoshimbunでお読みください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です