news 5banner

ケニア中央銀行がCBDCの潜在性を探している

ケニア中央銀行(CBK)は、ケニア中央銀行デジタル通貨(CBDC)の導入について、外国の中央銀行との計画を発表しました。ちょうど昨年、ケニアのナイロビの一部の企業は、仮想通貨の変動性に関する政府の警告にもかかわらず、ビットコインの支払いを採用し始めました。

最初は、CBKは銀行が仮想通貨に関与するイベントを禁じていたため、ビットコインを使用して取引を行う人は約40,000人しかいませんでした。デジタル資産を支払い方法として使用する人々の口座を開設する権限はありません。

アフリカの他の国のように、ケニアはまだ仮想通貨を規制していません。しかしながら、ケニア歳入庁は中央銀行に対し、歳入収集の目的でデジタル資産を受け入れるよう要請しました。

現在、わずか1年の間に、国内の仮想通貨取引は急増し、ケニアはアフリカで3番目のビットコイン市場になりました。アフリカの毎月の仮想通貨の送付は、昨年は10,000ドル未満でした。しかしながら、2020年6月に55%上昇し316ドルに達しました。

DC Fintech Week 2020の開催中、CBK総裁のDr Patrick Njoroge氏は次のように話しました:「CBKは、中央銀行のデジタル通貨の導入に関して、さまざまな方法で他のグローバルプレーヤーとすでに話し合っています。推進はプライベート仮想通貨の急増の結果であり、私たちはすでに取り残されていると感じており、独自のスペースを創造するのは非常に差し迫っていることです。」

この銀行は、任務を遂行するためにCBDCがどのように支援できるかを調査しており、調査項目にはケニアのコミュニティの安定化が含まれます。Njoroge氏は、機関の主要な関心事は資金洗浄と違法行為への資金調達であると述べました。しかしなたら、デジタル資産の目的は真にキャッシュレスになることであると彼はあまり信じていないようです。彼はこのイノベーションを単に現金の少ない環境として闡明していました。

「私たちはそれ[CBDC]を研究し、仕事がより良くなるかどうかを確認したい」とNjoroge氏は話しました。

中央銀行が主張するように、CBDCは、支払いに法定紙幣の使用を減らすことに重要な役割を果たしています。「国内での現金の使用は大幅に減少しましたが、ケニアが真のキャッシュレス経済になるまでには長い時間がかかるでしょう。」とNjoroge氏は述べていました。

コメントする