inner mongolia banner en

中国は既存と将来のマイニングプロジェクトを停止する

中国自治区内モンゴルは、エネルギー消費量削減の試みの一環として、この地域の現在および将来の暗号化通貨マイニングプロジェクトを終了する計画がある。

2月25日、内モンゴル発展改革委員会は2021年のエネルギー消費削減計画の草案をオンラインで発表した。新政策はメタノール生産、鉄鋼、仮想通貨採鉱などの業界の単位GDP当たりのエネルギー使用量を3%に抑えることを目的としている。

新政策が発表される数週間前、国家発展改革委員会は、全国の他のすべての省のうち、2019年に省エネに成功しないのは内モンゴルだけだと発表した。委員会は、この地域は中央政府が定めたエネルギー使用要件を満たしていないと指摘した。

これは今後10年間でより環境に優しいものになるという中国の目標に合致している。習近平主席は国連総会での演説で、中国は2030年までに二酸化炭素排出をピークにし、2060年までに国をカーボンニュートラルにすることを目標としていると宣言した。

その安価なエネルギーのため、内モンゴルは多くの企業を誘致し、大量の電力で運営している。

ケンブリッジ大学がビットコインの電力量をまとめたところによると、中国は世界のビットコイン掘削計算力の65%を占め、内モンゴルだけでも8%を占めている。同機関によると、ビットコインによるマイニング掘削には年間128.84テラワット時のエネルギーが使われている。

最新規制の発表は業界に不安をもたらしており、政府がCryptoの運営にさらなる規制を課すのではないかと懸念されている。

2017年、北京市は管轄区域内での初の硬貨発行と仮想通貨取引を禁止し、多くの業者を海外に移転させた。

中国は仮想通貨取引所や一部のプラットフォームでの人民元の使用を制限しているが、個人はビットコインやstablecoin Tetherなどの仮想通貨を使って口座を作って取引することができる。

北京DHH法律事務所のHuang Mengqi弁護士は、海外で設立された仮想通貨業務に対する政府の不適切な処理は、国内でリスクが発生する可能性があると述べた。

「人々がビットコインを取引するのを止めないのは中国の法律は仮想資産の価値を認めているからだ。価値のあるものは何でも手に入れることができるはずだ」とHuangはロイターに語った。

暗号化された通貨のニュースと更新については、当社のウェブサイトにアクセスしてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です