coinbase banner image main

Coinbase、インドでのサービス開始を控えUPI業務を一時停止

米国最大の仮想通貨取引所であるCoinbaseは、同国でのサービス開始からわずか3日後の4月7日(木)、インドのユーザーに対する支払いサービスを停止しました。延期されたサービスは、インドの現地決済規制当局、特にインド国家決済公社(NCPI)からの圧力によるものでした。

Coinbaseのウェブサイト上の広告で、同取引所はすでにユーザーに対して、United Payments Interface(UPI)を通じて売り注文を出すことができると伝えています。このプラットフォームは、インド準備銀行(RBI)の特別部門であるNCPIによって規制されています。

NPCIはツイートで、Coinbaseのこれらの主張を否定し、プラットフォーム上の仮想通貨取引を認めていないと述べました。これは、Coinbaseの新サービスが開始される中で、リリースされた後のことでした。

「UPIを使用した仮想通貨の購入に関するいくつかのメディア報道を参照して、National Payments Corporation of Indiaは、UPIを使用する仮想通貨取引所を認識していないことを明確にしたい」とNPCIのツイートはしています。

この声明と一緒に、Coinbaseが提供するサービスに関するNPCIの反論を詳細に記した文書が添付されています。

NCPIの声明が発表された数日後、Coinbaseは同国でのUPIサービスを正式に無効にしました。

現時点では、インドのユーザーはUPIを通じて売り注文を出すことができません。このリンクをクリックすると、ユーザーは別の支払い方法を試すよう促されるページにリダイレクトされます。

Coinbaseは、サービスを無効にした後、月曜日にビジネススタンダードに、同取引所は状況を改善するために努力すると述べました。

「(Coinbaseは)NPCIやその他の関連当局と協力し、現地の期待や業界の規範に沿うよう取り組んでいる」と同取引所はしています。

Cointelegraphの報道によると、インドのトレーダーは仮想通貨取引アクセシビリティの不安定さに慣れている可能性が高いとされています。仮想通貨市場には適切な規制の枠組みがなく、同国の仮想通貨ユーザーに到達するための市場を妨げています。

UPIは、複数の銀行口座を参加銀行の単一のモバイルアプリケーションにパワーアップさせるシステムです。これは、ピアツーピアおよび小売取引を可能にするリアルタイム決済システムです。また、同国の中央銀行であるRBIによって規制されています。

現時点では、インドが仮想通貨に対して課している禁止令はありません。デジタル資産は、取引だけでなく、商品やサービスの購入のためにも、インドでは合法です。

さらに、Coinbaseはインドでまだ稼働しています。インドのユーザーは、サポートされているネットワークを通じて、まだ暗号資産を購入することができます。

Cryptoshimbunを閲覧しながら、インドの仮想通貨ニュースやアップデートについてもっと知ることができます!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。