Crypto Developer Brothers Leave VC Firm After CoinDesk Exposé main banner

仮想通貨開発者の兄弟がCoinDeskの暴露を受けてVCファームを退社

Macalinao兄弟は、かつて強大だったステーブルコイン取引所Saberを秘密のIDの網を使って盛り上げ、その後1億ドルの資金でスタートアップ投資にピボットした、多作な仮想通貨ビルダーですが、自身が設立したベンチャーキャピタル企業を離れました。

Protagonist VCの当初の共同設立者でありゼネラルパートナーであったIanとDylanは、「もはや当ファンドやその関連会社とは関係ない」と、ファンドはCoinDeskに確認しました。広報担当者は、彼らの離脱の日付を提供することを拒否しましたが、兄弟はProtagonistの投資家ではないと述べました。兄弟には木曜日にコメントを求めましたが、すぐに返答はありませんでした。

彼らの離脱は、すでに資本と仮想通貨スタートアップの成長ポートフォリオを蓄積し始めた新興仮想通貨VCにとって転機です。同社はAptosブロックチェーン上に構築された分散型金融(DeFi)プロジェクトに多額の投資を行っています。Macalinao兄弟は、その新進気鋭のエコシステムの開発者によって影響力があると見られています。

Macalinao兄弟は、ソラナブロックチェーンコミュニティで評判を築きました。2021年初頭、彼らはSaberと呼ばれるステーブルコインを取引するための分散型取引所を作り、その頂点ではソラナに閉じ込められている仮想通貨価値のほぼ半分である41億5000万ドルを占めるとされました。Saberの魅力の一つは、Sunny、Quarry、Cashio、Goki、Tribecaなどのプロジェクトが連動するDeFiレゴブロックに囲まれていることでした。

CoinDeskが8月に報じたように、Saberの独立したプロジェクトと称するものはすべて、Saberのエコシステムにさらなる価値をもたらそうと、Ian氏がさまざまなペンネームで開発したものでした。これらのプロジェクトの1つが崩壊した後にIanが書いた未発表のブログ記事では、匿名のプロファイルによって構築されたプラットフォームを使って預金を二重にカウントする「スキーム」を説明しましたが、実際にはIan自身でした。

これらのプロファイルは、兄弟の開発者集団である「Ship Capital」の旗印のもとに飛ぶこともありました。規制当局の文書によると、Protagonist VCはもともとShip Capitalとして知られていました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です