crypto ph banner e1617087644653

仮想通貨はフィリピンで勢いを増し始めている

フィリピンデジタル資産取引所(PDAX)が発表した声明では、仮想通貨がフィリピンで主流になりつつあると言われている。この前、フィリピン投資家が新型コロナ期間中にデジタル資産に大きな関心を持っていた。

PDAX、フィリピン中央銀行(BSP)、フィリピン欧州商工会議所(EECP)、およびフィリピン金融技術協会からの専門家が、昨年3月17日に開催されたウェビナーでフィリピンの仮想通貨の状況に関する見解を伝えた。

PDAXのCEO兼創設者のNichel Gabaは、PDAXは暗号化取引と顧客数の大幅な増加を経験したと指摘し、「2020年12月から今日まで、ビットコインと暗号化を従来のポートフォリオマネージャーでさえ考慮する必要のある領域に入るようになった」と述べた。

「技術や金融環境の変化により、主流化と大規模採用、またはブロックチェーンと仮想通貨技術が広く使用されているエコシステムの作成は、必然的になってきた」とGabaは付け加えた。

一方、BSPは同国での仮想通貨の使用を規制する措置も講じている。BSPのテクノロジーリスクおよびイノベーション監督ディレクターであるMelchor Plabasanは、規制の重要性を強調した。

「規制は、投資家を保護するように設計されている。私たちはその範囲を拡大し、消費者保護とサイバーセキュリティ制限に関する規則を強化した。とPlabasanは言った。彼はまた、仮想通貨は資金調達や支払いや送金などの活動に使用できると述べた。

彼の声明の終わりに、Plabasanは仮想通貨の使用を認め、「BSPはフィリピンの暗号化の未来を認識していた」と述べた。

フィリピンでの仮想通貨の台頭に伴い、BSPとPDAXは、フィリピンの暗号化とフィンテックをカバーする規制サンドボックスで協力する予定である。

このパートナーシップは、フィリピンの仮想通貨と金融技術サービスへの関心の高まりの結果であると言われている。

BSP知事であるBenjamin Dioknoは、この潜在的なパートナーシップについて声明を発表した。「新型コロナにより、フィンテックプラットフォームの使用が増加している。この危機は、金融システムだけでなく、私たちの相互作用や経営方法も急速に変えた。」

暗号化とフィンテックの規制サンドボックスの具体的な詳細は、まだ一般に公開されていない。しかし、Gabaは、顧客保護、データプライバシー、およびサイバーセキュリティにより重点を置くと述べていた。

ここCryptoshimbunで最新の仮想通貨のニュースと更新をアップデートに保ちましょう!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です