elon musk twitter main banner

イーロン・マスク氏、Twitterの9.2%を買収し、仮想通貨の購読を推進

テスラ社の最高経営責任者(CEO)イーロン・マスク氏は、2022年4月初めにTwitterの株式を9.2%購入し、その後、同ソーシャルメディアプラットフォームの取締役会の一人に任命されています。彼はその後、ドージコイン仮想通貨で支払うためのオプションをユーザーに与えることの提案を含む変更の多くを提案しています。

この提案は、昨年6月のTwitter Blueの立ち上げに沿ったもので、Twitterユーザーは、現在プラットフォームのアメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドユーザー層で利用可能なプレミアム機能に毎月アクセスできるサブスクリプションサービスを提供されることになります。 

ドージコインでの支払いとは別に、マスク氏は購読料の値下げとプレミアムユーザーのアカウントでのあらゆる形式の広告の禁止も提案しました。

「価格はおそらく〜2ドル/月にすべきだが、12カ月前払いでアカウントに60日間チェックマークがつかない(CC(クレジットカード)のチャージバックに注意)および詐欺/スパムに使われたら返金なしで停止」と、マスク氏は自身のツイッターアカウントで述べています。

マスク氏によると、Twitter Blueを選択したこれらのユーザーは、アカウントに認証チェックマークを付けるとともに、ドージコインでの支払いとは別に現地通貨で支払うオプションも確保する必要があるといいます。

これらの提案はすべて、マスク氏が自身のアカウントに投稿した一連のツイートの中で提案されたものです。

「Twitterが生き残るために広告費に依存するようになれば、企業が政策を決定する力は大きく強化される」とマスク氏は付け加えました。

Canberra Timesの報道によると、これらの提案された計画はTwitterの従業員を油断させ、プラットフォームの将来やコンテンツを管理する能力についてパニックに陥らせたといいます。

しかし、テスラ社CEOによる9.2株の購入は、マスク氏の発表と同時にツイッターの市場前価格を25%に急騰させました。証券取引委員会への提出書類によると、この受動的な株式は、3月14日に自動車販売会社の大物によって購入されました。

購入に際して、マスク氏は自身のアカウントでプラットフォームに対する批判を次のように述べました。「Twitterが事実上の公共の場であることを考えると、言論の自由の原則を守らないことは民主主義を根本的に損なうことになる。どうすればいいのだろうか」。

このようなマスク氏の批判に対して、Twitterはまだ返答していません。

Twitterの株価と同時に、ドージコイン通貨も、プラットフォームを改善するための提案に関するマスク氏の絶え間ないツイートで2桁に急騰しました。

Cryptoshimbunを閲覧しながら、この問題に関するマスク氏、Twitter Blueおよびその他の仮想通貨ニュースに関するより多くの更新を知ることができます。 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。