goldman sachs banner

ゴールドマン・サックス、ビットコインの新デリバティブを投資家に提供

ウォール街の投資銀行であるゴールドマン・サックスは、5月7日にConsumer News and Business Channel(CNBC)が独占的に入手した内部メモの中で、ビットコインに関連するノンデリバラブル・フォワード(NFT)を取引できる新しい仮想通貨デリバティブ取引デスクを発表しました。

スタッフに公開された、ゴールドマンのパートナーであるRajesh Venkataramaniが書いたメモによると、投資銀行のトレーディングデスクでは、5月初旬からビットコインのNDFとCME BTCフューチャーの取引が行われていることが明らかになりました。

Venkataramani氏は、ゴールドマン・サックスは「ビットコインやいかなる仮想通貨(イーサリアムを含む)を物理的に取引する立場にはない」ため、将来の取引やデリバティブはすべて現金で決済されると付け加えています。

ゴールドマン・サックスのアジア太平洋地域のデジタル資産担当責任者であるMax Minton氏は5月7日、ビジネスニュースサイト「Bloomberg」に対し、「機関投資家の需要は伸び続けており、カンバーランドのようなパートナーと協力できることは、我々の能力を拡大するのに役立ちます」と語っています。

また、暗号デリバティブ取引デスクは、彼らの新しい現金決済の仮想通貨オファーの改善に向けて「道を切り開いています」と付け加えました。

これに対し、カンバーランドDRWのビジネス開発のグローバルヘッドであるJustin Chow氏は、昨年5月7日のブルームバーグのレポートの中で、「ゴールドマン・サックスは、機関投資家が市場の変化にどのようにアプローチしているかを示す良いリード役となっています」と述べています。

さらに同氏は、今年の仮想通貨への関心は高まり続けており、「ゴールドマン・サックスがこの分野に参入したことは、仮想通貨が成熟していることを示すもう一つの兆候です」とコメントしています。

ブルームバーグは、ゴールドマン・サックスがデリバティブを提供することは、BTCへのエクスポージャーのリスクを軽減するための手段であると指摘しています。CME Group Inc.を通じてBTC先物を売買し、Cumberland DRWを取引相手とすることで、同社は仮想通貨市場の不安定な性質から守られています。

ゴールドマン・サックスの商品は物理的なビットコインを扱っていませんが、BTCをベースにした上場投資信託を顧客に提供するか、グレースケール・ビットコイン・トラストへのアクセスも計画しています。

ゴールドマン・サックスのクリプト・トレーディング・デスクに関する報告は、2017年から出回っていました。しかし、2021年3月にニュースサイト「ロイター」が、ゴールドマン・サックスの機関投資家がビットコインに連動した上場先物を扱えるようにするために、ゴールドマン・サックスの暗号取引チームが再始動したと報じるまで、それ以上の報道はありませんでした。

仮想通貨に関する最新のニュースや更新情報は、Cryptoshimbunで入手!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です