NFT investor banner en

NFTの投資家であるMetakovanが歴史的な仮想通貨を6900万米ドルで購入

ソーシャルメディアでBeepleとしても知られている3DビジュアルアーティストのMikeWinklemannは、昨年3月11日に「Everydays:The First 5,000 Days」というタイトルの世界で最も高価なデジタルコラージュを販売し、歴史的な記録を打ち立てました。

Christieのオークションハウスによると、アートワークは非代替トークン(NFT)の投資家であるMetakovanに販売されました。また、偽名のcrypto whaleは、NFTが支援するデジタルアートワークを専門とするファンドであるMetapurseを設立しました。

英国に本拠を置く255年の歴史を持つオークションハウス、Christie’sは、非代替トークン(NFT)が付属された最初のデジタルアートワークを販売しました。

 

このアートワークは、5000の異なるデジタル作品を1つのデジタルコラージュにつなぎ合わせたものです。Winklemannは2007年5月にこのプロジェクトを開始し、過去13年間オンラインでアップロードした1日に1つのデジタルアートワークを作成しました。

Christie’sは、2020年12月にWinklemannと協力することを決定し、NFTブロックチェーンテクノロジーを利用した21,069×21,069ピクセルのサイズの5,000点のアートワークのデジタルコラージュを作成しました。

Christie’sが発表したMetakovanの声明によると、Winklemannのアートワークは、オークションで評価されたものよりも価値があります。crypto whaleは、Winklemannのデジタルコラージュは、10億米ドルの価値があるはずの貴重なアート作品であると述べました。

「価値の高いNFTについて考えると、これを打ち負かすのはかなり難しいでしょう。その理由は、13年間の日常業務に相当します。技術は複製可能であり、スキルは卓越していますが、デジタルでハッキングできないのは時間だけです」とMetakovan氏は述べています。

Winklemannは、過去20年間、人々がデジタルアートワークを真に所有して収集する実際の方法はないと述べました。

「NFTで現在は変化しています。美術史の次の章であるデジタルアートの始まりを目の当たりにしていると思います。」と彼は述べました。

NFTの翼の下にあるデジタルアート

「Everydays:The First 5,000 Days」は、Winklemannが販売した最初のNFTアートワークではありません。2020年には、「Crossroads」というタイトルのデジタルアートもNFTに鋳造され、当初66,000米ドルで販売された。

その後、このアートワークは、2021年2月にセカンダリNFTマーケットプレイスのニフティゲートウェイで660万米ドルで転売されました。Winklemannは、セカンダリ販売から10%のカットを受けたと伝えられています。

uperRare、MakersPlace、Foundation、KnownOrigin、Async Artなどの他のギャラリーもNFTウェーブに参加しています。これらのギャラリーは、NFTでサポートされたデジタルアートワークの交換手段としてETHを利用しています。

NFTは、仮想通貨の仕組みと同様に、ブロックチェーン上のアートワークの詳細を記録する電子識別子であり、アートワークの所有権と信頼性のデジタル証明書として機能します。

デジタルトークンは、デジタル収集品を所有するという中心的な問題の解決策を提供します。これにより、人々は簡単に複製できるデジタルアートワークの所有権を主張し、その作品がユニークなものであることを証明できます。

ここCryptoshimbunで最新の仮想通貨の更新をお楽しみに!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です