industry outraged as white house report slams crypto banner

「仮想通貨FUD」-ホワイトハウスの報告書が仮想通貨を非難し、業界が激怒

ホワイトハウスが発表した最新の経済報告書では、デジタル資産の価値を疑問視する章が設けられており、仮想通貨関連企業の幹部は苛立ちをあらわにしています。

20日に発表された「大統領の経済報告」は、ホワイトハウスが1950年に年次経済政策報告書の発行を開始して以来、初めてデジタル資産に関する章を設けたことになる。

デジタル資産投資会社Paradigmの共同設立者であるFred Ehrsam氏は、経済報告書の15%が「仮想通貨FUD」に捧げられていると発言しています。

報告書には、FedNow決済システムと中央銀行のデジタル通貨に関する短いセクションとともに、「暗号資産の知覚された魅力」を論破することに特化した35ページが含まれています。

報告書の主な論点は、暗号資産が、決済システムの改善、金融包摂、価値や知的財産を移転する仕組みの構築など、「うたわれている」メリットを実現できていない、というもので、次のように述べられている:

「その代わりに、彼らのイノベーションは、暗号資産の価格を支えるために人工的な希少性を生み出すことがほとんどであり、その多くは基本的な価値を持たない」と述べています。

また、仮想通貨の価格変動が激しすぎるため、安定した価値の貯蔵や、口座単位や交換媒体として機能することができず、仮想通貨は米ドルのようなソブリンマネーの機能を果たすことができないとしています。

報告書はまた、ステーブルコインに狙いを定めており、ステーブルコインは実行リスクにさらされるため、「高速決済」手段としての役割を満たすにはリスクが高すぎると主張しています。

ブロックチェーン協会CEOのクリスティン・スミスは、最新の大統領報告書を「期待外れ」とし、政府の一部が急成長する暗号産業に対して「ますますアレルギーになっている」ように見えることを示していると述べ、次のように付け加えた:

「私たちは、バイデン政権がどのように記憶されるかを検討するよう強く求めます。深遠な革新のリーダーとして、あるいは世界的な技術革命の障害としてです。」

報告書では、分散化も強調されており、「分散化され、信頼性があると主張しているにもかかわらず、ブロックチェーンベースのアプリケーションは実際にはどちらでもない」と論じています。

ユーザーは限られた暗号資産プラットフォームに行くことで暗号資産にアクセスし、一方、少数の採掘者グループがほとんどの暗号資産で採掘の大部分を実行していると主張しています。

最新の年次経済政策報告書は、シルバーゲート、シリコンバレー、シグネチャーバンクの破綻から約2週間後に発表されました。

分散型金融プラットフォームAcala Networkの最高成長責任者であるDan Reecer氏は、この報告書が、暗号に優しい銀行に対して「Chokepoint 2.0作戦」が実行された「わずか数日後」のものだと主張しています。

彼はまた、米国中央銀行が管理する通貨の利点を宣伝しているように見える報告書のセクションに言及し、来るべき米国のCBDC(デジタル・ドル)の「明白な早期警告」を指摘しました。