jpmorgan dbs and temasek

JPモルガン、DBS、そしてテマセクがブロックチェーン企業「Partior」を立ち上げる

米国の大手投資銀行JPMorgan、シンガポール最大の銀行DBS、そして国営投資会社Temasekは先日、グローバルな決済や銀行間取引の利用を促進するための新しいブロックチェーン企業「Partior」を立ち上げる計画を発表しました。

JPモルガンは発表の中で、Partiorは、FXのPayment Versus Payment(PVP)、Delivery Versus Payment(DVP)、Peer-to-Peer取引など、さまざまな種類の取引の支払いを即時に決済できるようにし、グローバルな金融エコシステムをサポートすると示しました。

JPモルガンのホールセール・ペイメント部門のグローバルヘッドであるTakis Georgakopoulos氏は、「デジタル化された商業銀行の貨幣をベースにした世界初のホールセール・ペイメント・レールを通じて、Partiorプラットフォームのような共有台帳インフラが、決済方法を変えることになると確信しています」と発表しました。

一方、DBS銀行のCEOであるPiyush Gupta氏は、従来のグローバルな決済が頻繁に遅れると、他の資産の最終的な決済に非効率性が生じると述べています。

また、同氏は「ブロックチェーンとスマートコントラクト技術の利点を活用することで、Partiorのプラットフォームは現在の摩擦のポイントに対応します。このオープンなプラットフォームにより、世界中の銀行は、プログラム可能性、不変性、追跡可能性を備えたワールドクラスのプラットフォーム上で、リアルタイムのクロスボーダー・マルチカレンシー決済、貿易金融、外国為替、DVP証券決済を提供できるようになります」とも付け加えています。

さらに、このプラットフォームは、金融機関に24時間365日のインフラを提供するだけでなく、開発者によるアプリケーションの共同開発も支援します。これには、FX payment versus payment、Delivery versus payment (DVP)、Peer-to-peer escrowsなどが含まれます。

Partior社の今後のパートナーシップ

JPMはプレスリリースの中で、銀行業界全体の幅広い参加を促すために、Partiorは大手銀行に積極的にプラットフォームへの参加を呼びかけていくと述べています。

現在、テマセクのChia Song Hwee副CEOは、すでに他の銀行から関心を寄せられており、この新しいプラットフォームの構築に合わせて、それらの銀行の参加を歓迎したいと宣言しています。

これらの動きを受けて、シンガポール金融管理局(MAS)のチーフ・フィンテック・オフィサーであるSopnendu Mohanty氏は、「Partiorは、信頼できる環境でデジタル通貨を取引するための基礎的なグローバルインフラを提供するための先駆的なステップであり、ブロックチェーン・エコシステムにおける幅広いユースケースに拍車をかけています」と発言しています。

Cryptoshimbunでは、最新の仮想通貨のニュースや更新情報をお届けします!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です