bitcoin banner news

JPモルガンの予測による、BTCの長期的な価値が最大146,000ドルに上昇する

投資銀行会社のJPモルガン・チェースは、ビットコインの長期的な価値が146,000米ドルを突破する可能性があると予測している。

JPモルガンのストラテジストであるNikolaos Panigirtzoglou氏は、ビットコインが代替通貨としての金と競争するところだと指摘した。この種の暗号通貨は4.6倍に上昇し、現在の金の時価総額の2.7兆に匹敵すると推測されている。

ビットコインは現在、投資家向けの「代替」通貨としての金の価値と競合しており、若い投資家が従来の資産よりもデジタル資産への投資を選択したことが多いため、暗号通貨の需要がますます高くなる。

その市場価値は5750億ドルですが、この革新的な暗号通貨は金の価格と匹敵するように、146,000ドルの価値を突破しなければならない。Panigirtzoglou氏によると、ビットコインと金の間のボラティリティの収束がすぐに発生する可能性は低い。

「ビットコインの価格は長期的には金と競合する可能性があると予測されたが、暗号通貨にとってその価値は持続不可能である」とJPモルガンは報じている。

「現在の投機的な熱狂がさらに伝播し、ビットコインの価格を5万ドルから10万ドルのコンセンサス領域に押し上げる可能性を排除できないが、そのような価格レベルは持続不可能であると確信している」とJPモルガンはメモに書いていた。

さらに、このストラテジストは、ビットコインの価値の上昇は「複数年のプロセス」を要すると説明した。この目標は2021年には持続不可能であると指摘した。

ニューヨークに本拠を置くリサーチプロバイダーであるFundstrat Global Advisorsの金融アナリストのトム・リー氏も、ビットコインの価値は2021年に4倍になる可能性があると述べた。

リー氏によると、ビットコインは2020年が約300%の上昇して史上最高値を更新したが、2021年はさらに上昇する可能性がある。同社のデジタル資産ストラテジストであるDavid Grider氏は、ビットコインの資産が少なくとも40,000ドルを突破する可能性があるというリー氏の観点に同意した。

ビットコインは着実に40,000ドルに達する

2021年の初めに、ビットコインの価値は急上昇し、34,000ドルを上回った。それ以降、この暗号通貨は上昇し続けており、1月18日には約36,000ドルで推移した。

ビットコインの価値は上昇すると予測されているが、暗号通貨はまだ不安定のままの状態にある。2021年の一週目に、その価値は17%に急落した。JPモルガンの予測の40,000ドルの変曲点を突破しない限り、再び急落する恐れがある。

将来の需要パターンに加えて、グレースケール・ビットコイン・トラスト取引から取得した229億ドルの利益が、暗号通貨の前景に役立つだろうとJPモルガンのチームは指摘した。

ビットコインは2020年11月に同じ問題に直面したが、その時の価値は2万ドルに過ぎないとPanigirtzoglou氏は述べていた。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です