tron save industry banenr iamge

ジャスティン・サン氏とTRON DAO、仮想通貨業界を救うために数十億を費やす準備ができている

7月8日(金)、TRON Foundation(5日にTRON DAOとして再編成したことを発表)を設立した中国の起業家ジャスティン・サン氏は、彼とTRONは、低迷する仮想通貨ビジネスの中から彼らが選択したものを支援するために最大50億ドルを費やす用意があると述べました。

2021年12月にWTOのグレナダの常駐代表となるためにTRONのCEOを退いたサン氏は、(以前はBitTorrent, Inc.として知られていた)Rainberry, Inc.のCEOでもあります。

金曜日、サン氏はツイッターに「我々は皆と友達であり、常に奉仕する準備ができている」と投稿し、仮想通貨業界の企業を支援する準備ができていることを確認しました。

7月8日にThe Blockによって公開されたレポートによると、サン氏は「たくさんの」企業が彼および/またはTRONに助けを求めてきたと話し、実際の数について尋ねられたとき、彼は彼らがBinanceと同様の状況にあると語りました。6月24日に、Binance共同創設者およびCEO CZはインタビューの中で、彼の会社が財務上の問題を抱えて「50から100」の企業によってピッチされているとYahoo Financeに述べたことは記憶に新しいでしょう。

サン氏はThe Blockにこう語っています。

「我々は積極的に検討し、ここで何ができるかを検討しています。我々は、業界ビルダーが建設を続けるための支援に50億(ドル)を費やす準備ができている。」

サン氏はまた、TRONが検討している取引について、投資銀行に依頼していることにも言及しました。

サン氏は、50億ドルという数字は、彼の個人的な資産とTRON DAOの資金の組み合わせを表していると付け加えました。彼らが興味を持っている仮想通貨企業の種類については、次のように話しています。

「我々の興味は、大きなユーザーベースを持つプラットフォームだ。これにはCeFi(中央集権型金融)とDeFi(分散型金融)の両方のプラットフォームが該当する。」

仮想通貨市場に関して、サン氏は次のように述べています。

「現在、デレバレッジプロセスは最悪の時期を過ぎていると思います。だから、それをきれいにして前に進むだけです。もちろん、(市場が)超強気になるとは思っていません。」

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です