石炭をビットコインに変換するStronghold Digital Mining社が1億500万ドルを調達

アメリカに拠点を置くマイニング企業Stronghold Digital Mining社は、石炭廃棄物をビットコインに変換する構想を支援するため、1億500万ドルの資金調達に成功しました。このプロジェクトでは、200トンの石炭廃棄物を変換して1ビットコインを生み出すとしています。

Stronghold社の共同会長であるビル・スペンス氏は、フォーブス社とのインタビューで、この取り組みと、鉱業会社が従来の仮想通貨会社とは正反対の存在になるためにどのように取り組んでいるかについて、「仮想通貨はさまざまなレベルで良いアイデアであり、有望な未来があると信じていますが、これが環境への大きな犠牲を伴うことはあってはなりません」と語りました。

さらにスペンス氏は、石炭廃棄物を仮想通貨マイニングに利用する計画についても次のように語っています。

「私の故郷であるペンシルバニア州では、過去100年間、石炭廃棄物の火災が大惨事を引き起こしてきました。この石炭火災は、温室効果ガスの主な発生源であるだけでなく、無秩序に燃やされた石炭からの酸の流出や灰は、周辺地域の健康、環境、水質に深刻な脅威を与えています」。

また、「簡単に言えば、私たちは21世紀の仮想通貨マイニング技術を用いて、米国で最も環境が無視されている地域で、19世紀と20世紀の石炭マイニングの影響を修復しているのです」と付け加えました。

スクラブグラスプラントは、ペンシルバニア州にあるStronghold社の施設で、石炭廃棄物を仮想通貨のマイニングに使用できるエネルギー源に変換することで、石炭廃棄物の影響を回復させる活動を行っています。

スペンス氏はまた、Stronghold Digital Mining社の今後の計画と、2021年末までに少なくとも28,000人のマイナーを確保するという目標についても語りました。

「仮想通貨を採掘する行為は、膨大な量の化石燃料や再生可能エネルギーを消費することで知られています。さらに、仮想通貨のマイニングに使用される年間の総電力消費量は、チリやアルゼンチンといった小国の電力消費量に相当します」。

この膨大なエネルギー消費は、環境保護団体を中心に世界中で注目されています。Stronghold Digital Mining社のプロジェクトは、仮想通貨の採掘をより持続可能で環境的に安全なものにすることで、この問題を解決する可能性があると期待しています。

仮想通貨業界の最新の動向に取り残されないようにしましょう。Cryptoshimbunで、最新の仮想通貨ニュースと最新情報を入手!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です