New Kraken CEO Says Crypto Exchange Banner

Kraken新CEO、同暗号通貨取引所はSECに登録しないと発言:レポート

暗号通貨取引所Krakenの次期最高経営責任者は、同社が米国証券取引委員会(SEC)に登録する計画がないことを述べていると報じられました。

ロイターの新しいレポートによると、現在のCEOジェシー・パウエル氏の後任となるデーブ・リプリー氏は、Krakenが市場仲介者としてSECに登録したり、規制当局が証券とみなしたトークンを上場廃止することはないとしています。

7月、SECは米国の大手暗号通貨取引所Coinbaseに無登録証券を提供した疑いで調査を開始したと報じられました。当時、規制機関はCoinbaseに上場されている一握りの暗号通貨を証券と分類していました。

リプリー氏によると、Krakenはこれらのトークンを削除する予定はなく、Gary Gensler会長が同暗号通貨取引所に登録を呼びかけているにもかかわらず、SECに登録することはないとのことです。

しかし、リプリー氏は、Krakenがいつか証券である暗号資産を上場する可能性を否定しませんでした。

「現時点で証券であり(Krakenに)上場したいと思えるトークンはありません。今後新しく上場したいと思うトークンが証券でもあるということもあるかもしれません。その方法はその時に考えることになります。」

先週、Krakenは、パウエル氏がCEOを退任し、代わりに同社の取締役会会長を務めると発表しました。

パウエル氏の後任として予定されていたリプリー氏は、自分の目標は前任者の目標、つまりデジタル資産の普及を促進することとほぼ同じになるだろうと述べました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です