ripples expands southease banner

リップル社はトラングロ社と提携して東南アジアに事業を拡大する

リップル社は3月29日、マレーシア拠点の多国間決済のハブであるトラングロ社の40%株式を取得し、アジア太平洋地域の市場を拡大するとの声明を発表した。

リップル社の発表によると、トラングロ社との提携により、同社はこの地域で増加している国境を越える決済のニーズに対応し、オンデマンド流動性(ODL)の範囲を拡大することができる。ODL機能により、追加コストや伝統的な金融機関の複雑な文書なしに、暗号化されたユーザーは即座にXRP貨幣を第三者に送ることができる。

この協力関係を通じて、トラングロ社はリップルネットのユーザーがプラットフォーム上でODL機能を利用できるようにする。

トラングロ社のCEOジャック·リー氏は、「リップル社と緊密に協力し、オンデマンドの流動性を新市場に導入することで、私たちはアクセシブルで公平な金融サービスを大衆に提供するという野心をさらに実現することができるのです」と言った。

リップル社はプレスリリースで、リップル社がこの地域でのODLの範囲を拡大するにつれて、ODLを使用するリップルネットの顧客は、リップルのクレジットラインを利用してワーキングキャピタルを解放し、国を越えた決済をこれまで以上に多くの市場に広げることができると書いた。

リップル社によると、東南アジアは大陸でリップルネットのユーザーが最も速やかに増えている地域の一つである。トラングロ社に投資することによって、この暗号化事業に従事する会社は、この地域の決済エコシステムを改善するというコミットメントを実現することを目的としている。

リップルネットのゼネラルマネージャーアスヘッシュ·ビラ氏は、「ブロックチェーン技術とデジタル資産を利用して国境を越えた取引をより速く、より安く、より安全にするという共通の使命を継続できることを嬉しく思います」と言った。

また、今回の提携は両社の現地での専門知識を結びつけ、東南アジア地域における外国決済の課題を解決するとリップル社は言った。

ゴールドマン・サックス社とウーバー・テクノロジーズ社で役員を務めていたブルックス・エントウィッスル 氏が、リップル社の東南アジア担当の新しいマネージングディレクターとして1週間前に入社した。

トラングロ社は2008年以降、外国送金や商業決済を含む2000万ドル以上の多国間取引を処理した。同社のネットワークは、100カ国以上、2500の携帯電話事業者、1300の銀行とデジタルウォレット、そして東南アジアで13万の現金自動預け払い機をカバーしている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です