ripple news banner

訴訟に直面したにもかかわらずリップルが跳ね返り

SECが提起した訴訟により、リップルは65%急落した後、市場に回復の兆しが見える。XRPの将来に対して不確実性に伴っても、一部のアナリストは、今後数か月で強気の相場が見込まれると主張していた。

リップルは現在、「未登録で開発中のデジタル資産証券の提供」を通じて13億ドル以上調達したことに対する告発に直面している。この事件が発生した後、Coinbaseなどの大手取引所はXRPを銘柄から削除した。

12月下旬以降、かなりの数のアドレスがリップルネットワークに加入している。当時、約2,050のアドレスが市場ネットワークに参加していたところ、この数は240%近く急増し、1月11日時点で「6,900」に到達した。訴訟により損を被っても、XRPの成長はますます回復の兆しが見える。

ネットワークの突然の急増は、リップルクジラの数の増加と関係があるだろう。仮想通貨の成長への研究に取り込んでいるサイトであるSantimentによると、価格が下落したときに、多くのユーザーがXRPを購入したことを表明するデータが明確であるため、リップルの進捗は改善された。

さらに、10,000から10,000,000を所有するアドレスは、前の週に5.30%増加した。この傾向が続いていく場合、XRPの価値は回復し、0.33米ドルを突破する可能性がある。

CNNとのインタビューで、リップルのCEOであるブラッドガーリングハウス氏は、「同社は8年間の運営許可を得るため、SECの告発は「完全に間違っている」と説明した。

「法律と事実からいえば、SECは根本的に間違っている。SECは8年以上にわたって、XRPを通貨として流通することを許可し、政権交代の数日前にこの挙動を起こす動機に対して疑問を抱いている」とガーリングハウス氏は述べていた。

さらに、「SECの決定により本社を移行するかどうかを検討しており、新政権との提携を期待している」と説明した。

「今回のSECの決定によって、Rippleの本社を米国外に移転するかどうかの議題をより早く結論づける必要性を感じているが、バイデン新政権と協力して、合理的な道筋を見出せるかどうかを確認したい」と考えている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です