SEC delays decision over Grayscales ETF proposal banner image main

米SEC、Grayscale社のETF提案に関する決定を延期

2月4日、米国証券取引委員会(SEC)は、政府の公式ウェブサイトを通じて、世界的なデジタル通貨運用会社であるGrayscale社のビットコイン・トラスト(GBTC)の上場投資信託(ETF)化の提案に関する最初の手続きについて発表しました。しかし、SECは同文書にあるように、資産の操作性、流動性、透明性に関わる様々な懸念から、この申請を承認するかどうかの判断を遅らせています。

規制機関は、この提案がビットコイン(BTC)市場で起こりうる詐欺や操作を控えるのに十分であると確信していなかったのです。また、これらの問題については、SECに文書データを提出することで、一般市民がコメントすることを奨励しました。

有名なビットコイン投資家で起業家のAnthony Pompliano氏は、2月5日にツイートを投稿し、SECの計画に関するニュースを共有しました。これには、さまざまな人たちがさまざまな反応を示しました。驚きを示す人もいれば、この提案は却下される可能性が高いと考える人もいます。

一方、仮想通貨ニュースサイトCointelegraphは、2021年10月にSECに提出された提案で、GBTCの株式をスポットビットコインETFに変換するGrayscale社の最初の申請について報じています。それから2カ月足らずで、規制当局は今年2月に発表する予定だった12月17日のオンライン通知を通じて、決定を延期することを発表しました。Grayscaleと同様の提案をしていたデジタル資産管理会社のビットワイズも同じようなことがありました。

SECはスポット的なビットコインETFの提案を承認することに躊躇しているが、2021年12月23日にコインテレグラフが伝えたように、先物連動型の商品には関心を示しています。その一例が、米国初の先物連動型上場投資信託となった「プロシェアーズ・ビットコイン・ストラテジーETF」だ。ニューヨーク証券取引所(NYSE)で1株当たり40ドルの始値で取引を開始しました。

さらに、Grayscale社の公式ツイッターアカウントに見られるように、2022年2月4日現在で365億ドルの資産を有する伝統的な投資プラットフォームです。そのGBTCの商品については、総資産の約71%をカバーしています。

より多くの仮想通貨のニュースやアップデートのために、今すぐCryptoshimbunでそれらをすべて見つけることができます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です