singapore crypto world capital banner image

シンガポール、世界の仮想通貨首都を目指す

シンガポールが暗号化の動きに加わり、あらゆる仮想通貨の中心的なハブになることを目指しています。Bloomberg Daybreak Asiaとのインタビューで、シンガポール金融管理局(MAS)のマネージングディレクターであるRavi Menon氏は、仮想通貨の将来におけるシンガポールの役割について語りました。

Menon氏は、シンガポールが仮想通貨を個人的な投資だけでなく、業界の他の用途にも使用することを歓迎するために、さらなる措置を講じていることを語りました。同氏は、「(シンガポールは)暗号技術の開発、ブロックチェーン、スマートコントラクトの理解、Wen 3,0の世界に向けた準備に関心がある」と述べています。

さらにMenon氏は、国内での仮想通貨の取り扱いに関して、優れた戦略の必要性を語りました。最良のアプローチは、これらを締め付けたり禁止したりすることではないと考えています」と言及しました。

シンガポールの規制当局は、仮想通貨関連の活動やイニシアチブを利用することで、仮想通貨の使用がまもなく国内の主流になると考えています。適切な規制とビジネス要件の実施が、シンガポールにおける仮想通貨市場の成長を確実にする鍵となります。

「仮想通貨ベースの活動では、基本的に将来性のある未来への投資となりますが、その形は現時点では明らかではありません」とMenon氏もインタビューで語っています。

また、他国と比較した場合のシンガポールの仮想通貨産業における現状のスタンスについて、「このゲームに参加しないと、シンガポールが取り残されるリスクがあると思います。早期に参入することは、先手を打つことになり、潜在的な利益とリスクをよりよく理解することになります」と話しています。

シンガポールは世界で最も小さな国の一つとして知られていますが、無数のビジネスやイニシアチブを持つ金融の中心地としても繁栄しています。政府はこれまで、仮想通貨の使用を容認してきましたが、現在は主流の採用に向けて次のステップに進んでいます。

他の国々も、仮想通貨を採用し、すべての国民がアクセスできる主流の投資に変えようとしています。例えば、エルサルバドルは今年初めにビットコインを法定通貨として支持し、日本は暗号投資ファンドを認めています。

Cryptoshimbunでは、最新の暗号ニュースと最新情報をお届けしています! 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です