SP Global Executive Predicts Turning Point

S&Pグローバル幹部が仮想通貨の転換点を予測、金融市場にあらゆるもののトークン化がやってくると発言

市場情報大手S&Pグローバルのトップが、暗号技術のおかげで伝統的な資産の大量トークン化が急速に近づいていると語っています。

Scott Melker氏のYouTubeチャンネルでの新しいインタビューで、同社のチーフDeFiオフィサーであるChuck Mounts氏は、長期的にはすべての資産が最終的にトークン化されると考えていると述べています。

Mounts氏は、年間80億ドル以上の収益を上げるS&Pは、そのようなトレンドの展開に向けて自社を位置づけているといいます。

「あらゆるもののトークン化は起こる。と考えています。その道筋の正確な紆余曲折を誰が予測できるでしょうか。しかし、その間、私たちは、業界のリスクに光を当て、株主が十分な情報を得た上で意思決定できるようにするために必要なサービスや製品を提供できるよう、組織を整えておきたいと考えています…。

長期的には、あらゆるもののトークン化が起こると考えていますが、純粋な中央集権型から純粋な分散型までの範囲では、やはりある程度ブレンドされた空間で終わるのではないかというのが個人的な意見です」。

Mounts氏は、来年中に仮想通貨の大きな転機が訪れると予測しています。そこでは、規制が明確になるにつれて、機関投資家がこの分野に殺到し始めるとのことです。。

「私は、(業界は)次の期間に変化すると思います。それが1四半期か2四半期か4四半期かは別として、大手プレーヤーが能力を構築するために人的・財政的資本を投資してきたため、かなり急速に変化し始めると思います。現在、米国で安定コインの法案が成立する寸前ですが、これは、すでに能力に投資してきた企業が、実行を開始して実際に実行を拡大できる転機となると証明すると思います。」

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です