swissquote trading platform banner

Swissquote、独自の仮想通貨取引プラットフォームを導入へ

スイス最大のオンライン銀行であるSwissquoteは、急増する仮想通貨需要に対応するため、来年早々にも独自のデジタル通貨の取引プラットフォームを立ち上げる予定です。

Swissquoteのチーフセールス&マーケティングオフィサーであるJan De Schepper氏は、Finews.asiaのインタビューで、「プラットフォーム上で様々な仮想通貨の取引をもっと可能にしたい」と述べ、同行はスイスで仮想通貨のトッププロバイダーになりたいと述べています。

同行が提供する仮想通貨のリストには、ステーキングサービスとステーブルコインが含まれています。現時点では、以下のような様々なデジタル資産をサポートしています。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ライトコイン
  • XRP
  • ビットコインキャッシュ
  • チェーンリンク
  • イーサリアムクラシック
  • EOS
  • ステラ
  • テゾス
  • オーガー
  • オックス
  • カルダノ
  • ユニスワップ
  • Aave
  • コスモス
  • アルゴランド
  • ファイルコイン
  • メイカー
  • コンパウンド
  • Year.finance
  • ドージコイン
  • ポルカドット
  • ソラナ

しかし、Swissquoteがデジタル資産をサービスに迎え入れるための一歩を踏み出したのは、今回が初めてではありません。2018年に遡ると、このオンラインバンクは、顧客がそのプラットフォームを通じてLakeDiamondを使ったイニシャル・コイン・オファリング(ICO)に従事できることを正式に発表した。この機能により、同社はこのサービスを提供する世界初の金融機関となりました。

昨年の春、Swissquoteはすでに従業員の増加に着手しており、仮想通貨業界の拡大するユーザーベースに備えるため、さらなる従業員の採用を続けています。Schepper氏によれば、より多くのスタッフを迎えれば、顧客の待ち時間を減らすことができるといいます。

「当社のコンプライアンスチームとカスタマーサービスチームは、仮想通貨ラッシュでほとんどオーバーランしていました。現在では、取引口座の開設を即日で行うことができるようになりました。特別な説明が必要な例外的なケースでは、口座開設に1週間かかることもあるのです」とSchepper氏は強調しました。

仮想通貨投資だけで、オンライン銀行の純利益は2021年の第1四半期に1000%から6320万円に急増しています。年末には、Swissquoteの税引き前収益の上昇を予見している。しかし、投資の大部分は重厚なインフラに割り当てられているため、その支出も増加することになります。

また、スイスは仮想通貨に優しい国であるため、Sgynumのような他のスイスの銀行もデジタルアセットバンキングを歓迎している。2020年9月には、仮想通貨取引所サイトを兼ねた新しい仮想通貨取引プラットフォームを展開しました。

仮想通貨ニュースや仮想通貨の最新情報については、Cryptoshimbunで閲覧を続けてください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。