uk asa warns 50 banner

英国ASA、仮想通貨関連企業50社に誤解を招く広告の可能性で警告

イギリスの広告基準協議会(ASA)は、昨年2022年3月22日に、誤解を招く可能性があり無責任な仮想通貨広告に関して、国内で営業する50社以上の仮想通貨企業に警告を発しました。それは、新しいコンプライアンス対策と違反者のための潜在的な制裁を議論するガイドラインのリストを強化しました。

ASAの公式サイトに掲載された記事は、遵守すべきルールを明らかにし、警告が不可欠である理由を掘り下げています。また、仮想通貨の意味、デジタル資産ができること、適切に扱わなければ投資がいかに危険であるかについても触れられています。

「これは我々にとって赤色警報の優先課題であり、最近、消費者を誤解させ、社会的に無責任であるとして、いくつかの仮想通貨広告を禁止しました」と同協議会は投稿しています。また、仮想通貨取引所、デジタル資産、その他暗号の販売や投資を目的としたあらゆる形式の宣伝コンテンツも対象としています。

ASAは、警告を送られた企業の公式なリストを公表していません。しかし、2022年5月2日までに広告を撤回または修正しない企業には、制裁の可能性が施行されました。これらは、潜在的な顧客を誤解させ、追加の文脈なしに盲目的に仮想通貨に投資させる可能性がある「問題広告」とみなされます。

ASAが発表した投稿によると、顧客にアプローチするための広告を公開する際に、すべての暗号会社が従わなければならない基本的なガイドラインと施行通達が存在します。これらは以下の通りです。

  • 「仮想通貨が英国で規制されていないこと、投資の価値が変動し、下がる可能性があることを明確に述べるべきである」 
  • 「投資判断が些細なこと、単純なこと、簡単なこと、誰にでも適していることを述べたり暗示してはならない」
  • 「購入の緊急性をほのめかしたり、買い逃しの恐怖を与えたり、投資が「低リスク」であることを示すものであってはならない」 

ASAの動きに対し、ハーグリーブス・ランズダウンのシニア投資アナリスト、スザンナ・ストリーター氏は、去る3月22日に掲載された記事の中で、ブロックワークスの広報担当者と対談し、政府機関はせいぜい公表した広告について企業をけん責するだけであると述べています。

「暗号資産も株式市場の運勢に非常に敏感であり、超安価なお金の時代に高く推進されたことを考えると、ジェットコースターの旅は続くように設定されている」と、彼女は電子メールで提出した声明の中で述べています。

ASAが介入し、英国で活動する企業が作った広告の禁止を進めたのは、今回が初めてではありません。CNBCの報道によると、過去にはコインベースとパパ・ジョンズが作った広告を、宣伝内容が潜在顧客を誤解させたのではないかという懸念から禁止したことがあるそうです。

現時点では、どの企業がASAの規制に違反したのか、また、プロモーションコンテンツが撤回されたり、市場で代替されたりするのかどうかについての進展はありません。今回の発表は、これらの企業に対して、誰もが見られるようにオンラインで公開されている資料を見直すよう警告するものであると考えられています。

仮想通貨に関するニュースや最新情報は、Cryptoshimbunでご覧ください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です