crypto arweave main banner

Arweaveの暗号ネットワークで無限の可能性を体験しよう

データの保存方法は、シンプルなハードディスクから、Google Cloud、Microsoft Azure、Amazon Web Servicesなどのベンダーが管理するクラウドストレージへと進化してきました。これらのデータストレージは便利ですが、データを集中管理している企業があるため、セキュリティを心配するユーザーもいます。

この問題を考慮して、Arweaveの創設者たちは、分散化された永続的なファイルストレージが答えになるのではないかと考えました。しかし、分散型ネットワークでは、ユーザーの過失やハッカーなど、さまざまな理由でデータが失われる可能性があります。これは、Arweaveが彼らの暗号技術で解決しようとしている問題の一つです。

Arweaveプラットフォームの目標は、開発者やユーザーがいつでも好きな時に好きなだけサイトやソースをアーカイブしてアクセスできる空間を作ることです。言い換えれば、分散型ネットワークストレージを利用したグローバルで恒久的なハードドライブとなることを目指しています。

Arweaveのネイティブトークンとそのネットワーク内の技術については、こちらのCryptoshimbunをお読みください。

Arweave仮想通貨の概要

Arweave(AR)コインは、Arweaveネットワーク全体で使用されるユーティリティトークンで、ネットワークマイナーへの支払いに使用されます。また、ネットワーク内にデータを保存したいユーザーは、ARを購入して許可を得る必要があります。最大供給量は6,600万ARです。

2021年10月現在、6,300万枚以上のARがすでに鋳造されており、残りの鋳造可能なコインは300万枚となっている。このトークンは当初、1枚0.73ドルで販売されていましたが、現在は1枚60.57ドルで販売されています。去る2021年9月10日にCoinMarketCapで74.03ドルの史上最高値が記録されました。

Arweaveの創業者とチーム

Arweaveは、ケント大学でコンピュータサイエンスの博士号を取得したサム・ウィリアンス氏がCEOを務めています。CTOのJesper Noehr氏は、テクノロジーの分野で20年以上の経験を持ち、コードセグメントを共有し、あらゆる開発言語でサードパーティアプリを構築できるコードホスティングおよびコラボレーションツールであるBitBucketの創設者でもあります。

COO(最高執行責任者)のセバスチャン・カンポス・グロース氏は、事業開発とプロジェクト管理を専門としており、Arweaveにベンチャーキャピタルのバックグラウンドをもたらしました。Arweaveの他のチームは、Willian Jones氏、India Raybould氏、Damon Sweeney氏、Jon Sherry氏などの有能な技術者や開発者で構成されています。

Arweaveのネットワーク内の技術

高速で効率的なストレージを提供するために、Arweaveが使用している技術を以下で確認してください。

Blockweave

BlockweaveはArweaveのデータ構造で、ノードが接続されてトランザクションのブロックを検証し、ネットワークを更新します。他のブロックチェーンと同様に動作しますが、Blockweaveはよりスケーラブルで、ネットワーク全体でブロックを検証する必要はありません。その代わりに、プルーフ・オブ・アクセスというコンセンサスメカニズムを使用しています。

Blockweaveでは様々な種類のノードが稼働しており、彼らはすべてARトークンの形で報酬を受け取ります。各ノードができる様々な仕事を以下に紹介します。

  • ハードドライブのスペースを貸し出す
  • 貴重なデータの複製
  • ブロックの検証

簡潔なランダムプルーフ・オブ・アクセス

ArweaveのProof of Accessは、ネットワーク上の複数の過去のブロックとリンクすることで、ブロックのセットを検証します。これにより、新しいノードはネットワーク全体を同期する必要がなくなり、代わりに最新のブロックをダウンロードするだけで済むようになります。検証が容易なので、ネットワークを維持するためのエネルギーも少なくて済みます。  

ブロックハッシュ

各ブロックは、ブロックハッシュとウォレットリストで構成されています。ブロックハッシュには、前のブロックのハッシュだけでなく、前のすべてのブロックのハッシュも含まれています。これにより、ノードが取引を検証することが容易かつ迅速になります。一方、ウォレットリストは、すべてのアクティブなウォレットで構成されており、取引の検証をより迅速に行うことができます。

Wildfire

Wildfireは、Arweaveのインセンティブシステムで、高速なブロック作成と共有を支援します。このシステムでは、優れたサービスを提供し、他者からのデータを素早く受け入れたノードは高いランクを受け、最低ランクに分類されたノードはネットワークから削除されます。これにより、データの保存と検索が常に高速で最適化されます。

Blockshadows

ほとんどのブロックチェーンでは、ブロックデータ全体をすべてのノードで共有するために、前のブロックのハッシュとウォレットのハッシュの両方を送信する必要があります。このプロセスでは、ブロックサイズが大きくなり、ネットワークの伝送速度が低下します。

Arweaveでは、Blockshadowsがデータを部分的に削る一方で、ノードが検証とコンセンサスに達することができます。つまり、膨大な量のデータをネットワーク上に送信するのではなく、トランザクションをブロックから切り離すのです。これにより、ネットワークは1秒間に5,000回のトランザクションを行うことが可能になります。

バンドル・トランザクション

バンドル・トランザクションは、複数のトランザクションを1つにまとめてからメインネットワークにアップロードします。この技術により、Arweaveのストレージを「無限」に近づけることができます。

SmartWeaveの「レイジー」スマートコントラクト

イーサリアムのようなほとんどのブロックチェーンで使用されている従来のスマートコントラクトは、ノードにトランザクションを処理または拒否させます。一方、SmartWeaveの「レイジー」スマートコントラクトは、検証がノードではなくスマートコントラクトユーザーにプッシュされるという、異なるプロセスを採用しています。

スマートコントラクトはArweaveブロック内に配置され、ユーザーはネットワークの末端に到達するまで先行する取引を評価します。これにより、ネットワーク内の検証者が解放されます。

Permaweb

Permawebは、Arweaveの分散型アプリ(dApps)とドキュメントを集めたものです。Permawebに含まれるdAppの一つにArdriveがあり、ユーザーは保存したいデータのサイズに応じた一定の料金を支払うことで、データを永久に保存することができます。

料金を一度だけ支払えば、データを永久に保存することができます。1GB分のデータの価格は5ドルで、1GBあたり0.276ドルのアマゾンの価格よりもずっと高い。しかし、Amazonは年間課金であるのに対し、Arweaveはそうではないことを覚えておいてください。

ArweaveのネットワークはHTTPプロトコルで構築されているため、どのウェブブラウザでも保存されているすべてのデータにアクセスすることができます。また、あらゆるプラットフォームやOSに対応しているので、基本的なWebページやアプリケーションから動画やドキュメントまで、あらゆる種類のデータを保存することができます。

一度、Permawebに何かを保存すると、そのデータは永久に保存され、ユーザーがインターネットに接続している限り、世界中のどこからでもアクセスすることができます。また、アップロードしたユーザーであっても、データは一切変更できません。

Arweaveですべてを体験

ストレージはブロックチェーンにおける最大の問題の一つであり、現在、これに対処するプロジェクトが増えていますが、その一つがArweaveです。重いエネルギー消費の必要性を排除する様々な技術を使用しており、ARのマイニングが他の仮想通貨と比べて持続可能であることを証明しています。

Arweaveのサービスを利用し、そのネイティブトークンに投資することで、すべての重要なデータを無限のストレージの中に永遠に安全に保存することができ、将来的には主要なストレージの方法の一つになる可能性があります。このような記事をもっと読むにはCryptoshimbunのブログセクションをご覧ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です