usbank crypto launches banner

US Bankが機関投資家向けに仮想通貨カストディ・サービスを開始

増え続ける仮想通貨需要に対応するため、米国第5位のリテールバンクであるUS Bankは、2021年10月5日に仮想通貨カストディ・サービスを発表しました。このサービスは、機関投資家がビットコイン、ビットコインキャッシュ、ライトコインなどのデジタル資産の秘密鍵を保管できるようにするもので、同社のグローバルサービスファンドの顧客が利用できるようになりました。

「仮想通貨に対する投資家の関心と、当社のファンドサービスのお客様からの需要は、ここ数年で強く高まっています。当社のファンドおよび機関投資家のカストディ顧客は、仮想通貨を提供する計画を加速させており、これに対応するため、当社はカストディ・サービスを提供する能力を加速させることを優先しました」と、US Bank Wealth Management and Investment ServicesのシニアエグゼクティブであるGunjan Kedia氏は発表の中で述べています。

さらに、US Bankは、ビットコインに特化した技術と金融サービスのプラットフォームを提供するNew York Digital Investment Group(NYDIG)と提携しました。

これにより、NYDIGは、仮想通貨分野の規制基準を守ってきた経験が評価され、US Bankのプロバイダーネットワークで初の仮想通貨カストディアンとなりました。

NYDIGの共同創業者兼CEOのロバート・グットマンは、US Bankとの提携について次のように意気込みを語っています。「NYDIGは、U.S. Bankと提携して、最高のセキュリティ、コンプライアンス、規制基準を満たすカストディ・ソリューションを顧客に提供できることを嬉しく思います。NYDIGとU.S.B.C.が提携することで、U.S.B.C.のお客様に最高のセキュリティとコンプライアンス、規制基準を満たすカストディ・ソリューションを提供することができます。

今回の動きは、巨大な金融機関が、仮想通貨を本物の資産クラスとして徐々に認識し始めていることを示しています。CNBCとのインタビューの中で、Kedia氏は、機関投資家のお客様が仮想通貨の潜在的な優位性をより考慮していると述べています。

さらに、より多くの機関投資家が暗号の保有量を増やしています。ちょうど先月、投資家は370万米ドル相当のマルチアセットファンドと660万米ドル相当のイーサ(ETH)商品を購入しました。

このことは、ロンドンを拠点とする仮想通貨ファンドのニッケル・デジタル・アセット・マネジメント社が行った調査でも裏付けられており、ウェルスマネージャーの40%が仮想通貨への投資を増やす意向を持っていることが証明されています。

このような銀行業界の変化を受けて、US Bankは仮想通貨カストディ・サービスを提供する唯一の金融機関ではありません。Bank of New York Mellon、State Street、Northern Trustなどの大手金融会社も、プライベートファンドの顧客向けに仮想通貨管理サービスを開始するという同じ計画を持っています。

仮想通貨のニュースや仮想通貨の最新情報については、このCryptoshimbunで引き続きお読みください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です