ビットコイン基礎:知るべきことのすべて

サトシ・ナカモトがビットコインホワイトペーパーをオンラインで公開した2008年に始まった通貨革命は、現在の金融システムのデジタル代替手段を作成しました。これにより、中央当局の介入を必要とせず、取引記録が透明で公開しやすくなります。

それ以来、暗号市場はブームになり、ますます多くの人々が熱狂しています。現在、さまざまな目的を持っているさまざまなコインが市場に溢れていますが、世界初の暗号通貨ほど人気のあるものはありません。

ビットコインとは何か?

ビットコインとは、インターネットを介して購入、取引、販売できるデジタル通貨です。すべてのトランザクションは採掘者によって検証され、ブロックチェーンと呼ばれるオープンソースの公開元帳にリストされます。これは、法定通貨が交換の媒体として使用されている現在の通貨システムの代替として機能します。デジタル通貨の名の通り、ビットコインには物理的な本体がありません。

ビットコインは現金と同じように機能し、オンラインまたは実店舗での製品やサービスの支払いに使用できます。他の人は投資として使用し、価値の蓄積手段として大量のビットコインを保存することを好みます。取引を通じてお金を稼ぐためにビットコインを使用する人もいます。

ビットコインの特徴

透明性

ビットコインで行われたトランザクションは、ブロックチェーンに公開されているため、トランザクションを自分でチェックしてバランスを取ることができます。従来のシステムでは、銀行は元帳を非公開に保ち、一般の人々はすべての取引の記録を見えないこととなっております。すべての制御は一元化されており、一般の人々はそれを管理することはできません。

ビットコインブロックチェーンは、コミュニティのすべてのメンバー間の透明性を実現し、信頼と責任を確立しています。これは、金融機関が管理権を国民に渡すための大きな一歩です。

分散型

分散型とは、ネットワークで実行されるアクティビティを単一の機関が制御しないことを意味します。現在の金融システムでは、銀行はすべての取引の正当性を検証する仲介者という役割を果たしています。ビットコインなら、サードパーティを必要とせずに、料金を削減し、公衆に管理権を渡します。

代わりに、ネットワークのすべてのメンバーがその保守に貢献します。システムに参入するすべてのコンピューターは、ブロックチェーンと呼ばれる元帳のコピーを保持します。ブロックチェーンは、すべての権利と制御を保持する単一のポイントではなく、それを分散化し、そしてネットワークユーザー全体に均等に制御を分散しました。

疑似匿名性でありながら追跡可能

ブロックチェーンは誰でも見えるオープンソースの公開台帳ですが、あなたの身元を公開するものではありません。ネットワークは、個人情報を表示する代わりに、IDとしての文字と数字の文字列で構成される一意のアドレスを生成します。

このように、あなたの身元は秘密のままです。この特徴のために、ブロックチェーンで不正なアクティビティが実行されるのではないかと懸念する人もいるでしょう。しかしながら、ビットコインの仮名の特徴は、アドレスのアクティビティが追跡可能であることを意味します。これは、違法行為を防止するための安全対策でもあります。

デジタル

ビットコインは完全にデジタルであり、物理的な形式はありません。あなたがビットコインを所有していると言うとき、実際に持っているのは、ブロックチェーン内の特定のアドレスにアクセスしたり、そのアドレスから別のアドレスに資金を送る権利です。つまり、物理的な強盗は不可能です。

どのように機能しますか

ブロックチェーン

ビットコインの存在の核心はブロックチェーンです。ネットワーク上で行われたすべてのトランザクションを記録し、永続的で不変にします。これは、最初に購入したビットコインから最新のトランザクションまでさかのぼる一連のレコードです。ブロックチェーンで作業を行うのは、暗号化プロセスを完了してトランザクションを検証し、それらをチェーンに追加する採掘者です。

採掘

ビットコイン取引をするとき、採掘者と彼らのコンピューターノードは数学の問題を完了することで検証を行います。最初に問題を解決した人は誰でも、トランザクションをブロックチェーンに追加して、正当化にして、変更を不可にします。

彼らの努力と引き換えに、採掘者はネットワークでビットコインを得ます。ブロック報酬は4年ごとに半減することで、市場へのビットコインの流入を遅らせ、インフレ率を低下させます。2009年、ブロック報酬は50BTCでした。11年後、6.25BTCになりました。

どこでビットコインを購入しますか?

ビットコインを購入するには、主に取引プラットフォーム、ビットコイン仲介者、マーケットプレイスやビットコインATMなどの4つの方法があります。追加料金、アクセシビリティや使いやすさに関しては、それぞれが異なります。

取引プラットフォーム

取引/交換プラットフォームは、取引を完了するために、買い手と売り手がサイトによって自動的にマッチングされるオンラインサイトです。この媒体を通じてビットコインを購入する場合、売り手を見つける必要はありません。必要なのは買い注文をすることだけであり、プラットフォームは最適な売り注文を見つけてあげます。

そこにはさまざまなプラットフォームがありますが、最も人気のあるものはBinanceとなっております。暗号市場で最大のユーザーベースを誇っています。さらに、それが提供する取引機能は初心者にとって圧倒的です。地元では、bitFlyerは日本最大のビットコインブローカーおよび取引所です。

取引プラットフォームは仲介者よりも安い料金を要求しますが、ナビゲートするのが難しいこともあります。すでに暗号通貨の経験がある人にとってより理想的な方法です。

ビットコイン仲介者

取引プラットフォームと比較して、ビットコイン仲介者はユーザーインターフェースと購入プロセスに関しては初心者に最適です。これは暗号通貨を人に直接販売するサイトです。取引プラットフォームが買い手と売り手の仲人である場合、仲介者は、発注するとすぐに必要なものを買い手に即座に提供する売り手です。

取引プラットフォームよりも速いプロセスですが、利便性の利点で通常は手数料が高くなります。市場に活躍している多くの仲介者の中で、Coinbaseは取引量の点で最大の売り手です。ナビゲートしやすいユーザーインターフェースを備えているので、初心者に最適なサイトです。

マーケットプレイス

マーケットプレイスにはあらゆる種類の買い手と売り手がいます。これらのすべて無料のサイトは、暗号通貨の買い手と売り手が互いに対話し、取引を完了できるスペースを提供します。取引所プラットフォームやブロッカーサイトと比較して、マーケットプレイスには取引を行う仲介者がいません。ご自分で売り手を見つけなければならず、その逆も同様です。

仲介業者がいないため、マーケットプレイスでは通常、追加料金が低いかまたは全然要りません。しかしながら、注意しないと詐欺に遭う可能性があるため、ユーザー間の取引に関してはセキュリティー問題は浮かび上がってきています。BisqやBitQuickのようなサイトは、暗号通貨にとって最も信頼できるピアツーピアマーケットプレイスの一部です。

ビットコインATM

人々はまた、世界中に散らばっている物理的なATMでビットコインを購入することができます。銀行のATMと同じように、ビットコインATMは、ビットコインを現金で購入できる端末です。必要なのは、ビットコインと交換したい現金を挿入する前に、マシンを通じてウォレットのQRコードをスキャンすることです。しばらくすると、購入したものがウォレットに直接入金されます。

このマシンも逆に機能します。ビットコインを販売して同等の現金を受け取りたい場合は、最寄りのビットコインATMを見つけて、手順に従うだけです。ビットコインATMの利点は、取引を行うために個人情報を提供する必要がないことです。クレジットカードの代わりに現金で取引している場合は、瞬時に行えます。

どこで保存するか?

インターネットに接続している場合、誰でもビットコインを購入できますが、購入する前に、まずウォレットを用意する必要があります。取引プラットフォームまたは仲介者を介してビットコインを購入した後、ウォレットに資金を送信できるようになるまで、ビットコインは一時的にサイトに保存されます。コインがどのウォレットにもバインドされていない限り、ハッカーの攻撃に対して脆弱です。そのため、ウォレットを慎重に選択することが重要です。

ビットコインを保存できる暗号資産ウォレットには、ソフトウェアウォレットとハードウェアウォレットの2種類があります。

ソフトウェア/ホットウォレット

これらはオンラインでアクセスできるウォレットです。アプリケーションとして携帯電話にダウンロードできるため、ホットウォレットを使用すると、いつでもどこでもコインにアクセスできます。日常の取引にコインを使用することがご希望の場合、これは最適な選択です。

しかしながら、インターネットに保存されているため、ハッキングされる危険はあります。ソフトウェアウォレットは、ブロックチェーンから完全に独立したサードパーティのAppであるため、どちらを使用するかを検討しておいてください。これらのウォレットは多くの場合無料で使用できますが、安全性はそれほど高くありません。

ハードウェア/コールドウォレット

ソフトウェアウォレットとは異なり、コールドウォレットはフラッシュドライブと同様のハードウェアデバイスとしての物理的なウォレットです。暗号コインがインターネットに保存されなくなり、サイバー攻撃から保護されるということです。これはコインの最高レベルのセキュリティを確保しますが、ホットウォレットと比べてアクセスしにくく、価格も高くなります。

ビットコインで何ができますか?

ビットコインは現金に代わって使用されることを目指しています。オンラインまたはビットコイン支払いをサポートする実店舗でアイテムを購入する場合に使用できます。ただし、その市場が不安定なため、長期投資として利用することを好む人もいます。一部の人はデイトレードを行い、さまざまなコインや資産を取引することでわずかな収入を得ます。

ビットコインを購入する理由

お金の未来はここにあります。ビットコインの分散型の性質により、中央機関は完全な制御権を民衆に渡します。より安い料金、より速い取引時間、信頼できるセキュリティにより、今日ビットコインが必要な理由は明瞭です。