coinbase news

コインベースのCEOは、DeFiに対するAppleの制限を批判します

コインベースのCEOのBrian Armstrong氏は、Twitterを利用して、モバイルappで暗号通貨製品を禁止しているというAppleの制限ポリシーについて、非難を発表しました。

Armstrong氏は、プラットフォームの成立を着手しているが、ハイテク巨人によって制限されている2種類のサービスを引用しました。競争から身を守るという目的で、イノベーションを阻害すると主張しています。

「明らかにこれは問題になります。Appleは、iOS Appに次の機能を追加することはできないと闡明しました。(1)暗号通貨を使用してお金を稼ぐ機能(2)分散型金融App(DeFi AppまたはDappsとも呼ばれる)へのアクセス機能」とArmstrongはTwitterで発表しました。

「そのAppは埋め込まれていないソフトウェアで暗号通貨トランザクションを提供するため、App Storeには適切でない」とAppleはその行動を正当化しました。Armstrong氏は、Appleとの対話に努力を尽きまして、行き詰まりに達したと述べました。

「なぜAppleは、不況時に人々がお金を稼ぐことを防ぎたいのでしょうか?暗号通貨を使用している場合、彼らは不満足でしょう。その理由はわかりません。これがCoinbase Earn製品が行うことです」と彼は続けて書きました。「時々、彼らと変な交渉をし、製品を変更したり、ユーザーをガイドラインに準拠させるためにフープを飛び越えるように頼んだりすることもあります。」とも話しました。

Coinbase Earn製品は、暗号通貨取引所のAppをよりユーザーフレンドリーでないインターフェースに変更させたというAppleからの最初の制限に見舞われていていました。

CEOはまた、DappsまたはDeFi Appは「単なるウェブサイト」であるため、iOSプラットフォームで分散型Appのリストを提供することに反対していると指摘しました。さらに彼は、Coinbaseには不足している機能はなく、Appleによってのみ検閲されていることを強調しました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。