Chainlinkの使い方を徹底解説

非中央集権的で普遍的なプログラミング言語を作るというビジョンを持つChainlinkは、ブロックチェーン内外の異なるネットワーク間の相互運用性を可能にする橋となります。

その画期的な技術により、セキュリティや信頼性、分散性を損なうことなく、スマートコントラクトがイベントや支払いなどの情報を手に入れることができます。Chainlinkの機能について興味のある方は、このCryptoshimbunの記事を読み進めてください。

Chainlink (LINK)とは?

ブロックチェーンは、「暗号」と呼ばれる複雑な数学的アルゴリズムで構成された独自のエコシステムです。これにより、プラットフォームは不変であり、改ざんされない安全なものとなっています。しかし、その閉鎖的な性質は、ブロックチェーンが提供できるサービスに排他性をもたらします。

ブロックチェーンが理解できるプログラミング言語で書かれている必要があるため、ブロックチェーン外の情報を取得することは困難です。この問題を解決しようとしているのがChainlinkなのです。

要するにChainlinkは、ブロックチェーンとレガシー技術が情報を交換する道を作る、分散型のオラクルネットワークです。これを可能にするのは、ブロックチェーンが必要とする実世界のデータを提供する第三者として機能する「オラクル」です。

Chainlink内部のオラクルは、スマートコントラクトを活用して、データの信頼性や信用性を損なうことなく情報を取得します。Chainlinkのエコシステムでは、LINKと呼ばれる固有の通貨が、オラクルとの間でのシームレスな情報のやり取りを保証します。

LINKはERCトークンであり、ChainlinkがEthereumネットワーク上でモデル化されていることを意味する。しかし、それにもかかわらず、機能的であり、他のブロックチェーンと連携して相互運用性を確保することができます。

Chainlinkの主要機能

スマートコントラクト

スマートコントラクトは、ブロックチェーン上のアルゴリズムで結ばれた仮想の契約です。これらは自己実行型の契約であり、関係する2つの当事者がスマートコントラクトにプログラムされたすべての条項を満たしている限り、促進することができます。

オラクルセレクション

オラクルセレクションとは、タスクを遂行するのに適したオラクルとユーザーをマッチングさせるプロセスです。ユーザーがサービスレベルアグリーメント(SLA)を起草すると、Chainlinkのソフトウェアがそれを実行し、遂行するために必要な要件に合致するオラクルを探します。契約が成立した後、ChainlinkはLINKの入金を受け付け、ユーザーのSLAを実行し、取引を実行します。

データレポート

データレポートは、オラクルが外部ソースに接続して情報を収集したり、Chainlink上の要求を満たしたりするときに起こります。その後、データはオラクルによって処理または翻訳され、Chainlinkシステムに戻されます。

結果集計

結果は、Chainlink取引の最後の段階で、オラクルが収集したデータの結果を集計またはカウントします。計算された後、彼らはそれを「Aggregation contract(集計コントラクト)」にして、データポイントを取り、リターンとトランザクションを計算します。その後、それをユーザーに送り返します。

Chainlinkはどのように動作するのか?

Chainlinkは、ブロックチェーンとオフブロックチェーンのソースをつなぐデジタルインフラです。Chainlinkのエコシステムの内部には、様々なノードが存在し、内外の当事者間の取引を促進します。

ブロックチェーンは、システムの中に単一障害点の起点があるように設計されているため、システムの一部が崩壊すると不安定になります。Chainlinkの特徴は、システム内に存在する各ノードが故障の起点として機能することで、誤作動に対する耐性を高めていることです。

さらに、各ノードはレピュテーションを維持することが求められる。ノードが有望な結果を出すことができれば、より大きな契約を与えられ、支払いとしてより多くのLINKトークンを手にすることができます。同様に、ノードのパフォーマンスが満足のいくものでなければ、LINKトークンを失うことになります。

Chainlinkシステムは、ユーザーとオラクルをマッチングさせる役割を担っています。トランザクションは、ユーザーがシステムに「コントラクトのリクエスト」を提出することで始まります。その後、システムはリクエストを評価し、評価契約、オーダーマッチング契約、アグリゲーション契約の3つのサブコントラクトを作成するSLAの申請を行います。

それぞれの契約には、取引を促進するための固有の機能があります。「コントラクトの依頼者」は、オラクルのサービス履歴をチェックするために、オラクルのパフォーマンスを監督する責任者である。

怪しげで満足できない経歴を持つオラクルは、次のオラクルに進む前にシステムによって淘汰され、拒絶されます。このプロセスにより、システムの劣悪なメンバーが排除され、信頼できるものだけが取引のために選ばれるようになります。

信頼できるオラクルが選ばれると、システムは今度は「オーダー・マッチング・コントラクト」を実行して、どのノードがリクエストを処理するかを選択します。この段階が達成されると、「集計コントラクト」がトランザクションのすべての詳細と情報を収集し、正確な結果が得られるまで計算します。その結果、満足のいく数字が得られれば、オラクルはLINKトークンで報酬を得ます。

Chainlinkは誰が作ったのか?

Chainlinkは、Sergey Nazarov氏によって発案されました。2014年の発売当初は「SmartContract.com」という名前で知られていました。しかし、創業者は、システムの技術と目的の本質をよりよく体現するために、リリース直後に「Chainlink」と改名しました。

ChainlinkのICOでは、サンフランシスコに拠点を置くスタートアップ「the Data Collective」が支援し、3,200万ドル(LINKトークン10億個分)の資金を調達しました。

Chainlinkを設立する前に、Nazarov氏はすでにブロックチェーン技術と仮想通貨の分野で経験を積んでいました。彼は、デジタル資産取引所であるSecure Asset Exchangeと、CryptoMailという分散型電子メールサービスを設立しました。

一方、同社のCTOは、Secure Asset ExchangeのプラットフォームでNazarov氏と緊密に協力したSteve Ellis氏です。彼は、Pivotal Labsで働いていた実績のあるソフトウェアエンジニアで、その後、仮想通貨分野で名を馳せるようになりました。

Chainlink社のもう一人の中心メンバーは、Nazarov氏とEllis氏とともにホワイトペーパーを共同執筆したAri Juels氏です。彼は現在、米国コーネル大学の教授、IC3のディレクター、およびChainlinkチームのアドバイザーとして活躍しています。

仮想通貨やブロックチェーン技術に関する詳しい情報は、Cryptoshimbunが提供するその他の情報をご覧ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です