初心者のためのHedgeTrade入門

仮想通貨の世界が拡大を続ける中、専門家たちは、すべてのユーザーにとってより良い仮想通貨体験となるような技術の創造と改善に余念がありません。この業界の最新の技術革新の一つが、HedgeTrade dAppのようなdApps(分散型アプリケーション)です。

このシステムは、中間業者を介さずにユーザーを直接結びつけ、トレーダーにとってソーシャル・トレーディングを容易にするものです。取引を管理する単一の機関が存在しないため、彼らはシームレスにHEDGトークンを取得することができます。

HedgeTrade仮想通貨のユニークな機能を掘り下げる前に、この包括的なガイドを通して、どのようにして市場に浮上したのかを確認してください。

HedgeTradeの簡単な歴史

HedgeTradeは、仮想通貨取引業界の初心者と専門家の間の知識のギャップを埋めることを目的とした、分散型アプリケーションとして始まりました。

2018年末、シンガポールに拠点を置き、ブロックチェーン関連の製品やサービスを専門とするソフトウェア開発会社であるRublixを通じて、HEDGトークンの販売が開始されました。2019年に正式に発売され、その後も仮想通貨業界を席巻しています。

この企業の推進者には、CEO兼共同設立者のDave Waslen氏、リード開発者兼共同設立者のPeter Danihel氏、COOのDrank Danihelが含まれます。

Rublixは、一般の人がアクセスしやすい取引サービスを提供することを目指しています。これは、新規のトレーダーやプロの投資家がプラットフォーム上でビジネスを行うことを可能にするHedgeTradeの立ち上げによって達成されました。

HedgeTradeネットワークの仕組み

HedgeTradeはイーサリアムブロックチェーン上に構築されており、スマートコントラクトを使用してプラットフォーム上の取引とブループリントを保護しています。ブループリントは、確認されると自己実行型のスマートコントラクトとしてブロックチェーンにアップロードされます。

しかし、ブループリントをプラットフォームに掲載して販売する前に、クリエイターは一定額のHEDGトークンを出資しなければなりません。新進のトレーダーは、このブループリントを購入して、経験豊富な投資家の取引予測に関する洞察を得ることができます。

HedgeTradeには、予測の正確さに応じた報酬システムがあります。予測が的中した場合、ブループリントの作成者は、知識と引き換えに購入者の支払いを獲得します。一方、購入者は、ブループリントの正確さと有用性から利益を得ます。

しかし、予測が成功しなかった場合、作成者は損失を被るか、出資金を受け取る一方、購入者はすべてのトークンを返還されます。

これにより、暗号市場に関する誤解を招くような情報を避けることができます。 さらに、安全なプラットフォーム上で知識を共有することで、専門家と新人トレーダーがお互いに利益を得ることができます。

HedgeTradeには、HEDGという独自のネイティブトークンがあります。HedgeTradeはトークン化されたアプリケーションなので、ソーシャル・トレーディング・プラットフォームに参加するには、口座にHEDGトークンが必要です。

現在、HedgeTradeの仮想通貨は533,800,528ドルの時価総額を持ち、資産の中で230位にランクされています。流通供給量は348,731,468.38 HEDGで、最大供給量である1,000,000,000に達すると推定されています。

HEDGは、ネイティブトークンとしての役割の他に、プラットフォームのセキュリティ確保にも貢献しています。HEDGトークンが懸っているため、ブループリントを作成して購入に供する前に、トレーダーが慎重に予測を分析するようにしています。そのため、プラットフォーム内のすべてのブループリントは、慎重な意図を持って作成され、厳しい検討を経ています。

HEDGの主な特徴

プルーフ・オブ・ランク

プルーフ・オブ・ランク

プルーフ・オブ・ランクとは、アカウントの誕生日、ストリーク、視聴率、ユニークコントリビューター、成功したブループリントの数、獲得したHEDGの量、コントリビューターのアカウント年齢などの記録に応じて、トレーダーをランク付けする一連の計算式です。

こうすることで、ユーザーはトレーダーの信頼性を評価することができ、どのブループリントにHEDGトークンを置くべきかを見極めることができます

ブロックチェーン・オラクル

オラクルは、HedgeTradeプラットフォーム上のエージェントで、安全な手段でHEDGスマートコントラクトに値を供給し、検証可能な完全性の証明を維持する役割を担っています。オラクルは市場情報を見つけ出し、それを検証してブロックチェーンに提出し、スマートコントラクトはそれを自動的に実行します。

ブループリント・ステーキング・メカニズム

仮想通貨トレーダーは、業界の専門知識を利用して、ブループリントに含まれる市場の予測を作成します。ブループリントには、市場のエントリーポイントやエグジットポイント、取引ペアや取引所のサイトなどの取引情報も含まれます。

ブループリントの作成者は、ブループリントの有効期限を24時間から365日までの間で決定します。ブループリントの有効期限が切れると、懸けられていたトークンは、情報が正しいことが証明された場合は作成者に、そうでない場合は購入者に支払われます。

分散型紛争処理

分散型紛争処理では、紛争が発生した場合に、ユーザーが自分の見解を表明することができます。ユーザーは、あるブループリントに賛成か反対かを判断するために、HEDGコインを懸けて投票することができます。

HedgeTradeの利点

初心者から経験豊富なトレーダーまで対応

HedgeTradeは、初心者でもプロの投資家でも取引に参加できるように特別に設計されています。市場をナビゲートするのは混乱して難しいものですが、プロのガイドがあれば、初心者のトレーダーはすぐに取引スキルを学び、高めることができます。

ユーザー体験を重視

プラットフォームを使用する際にユーザーに最適な体験をしてもらうために、HedgeTradeはインターフェースが直感的で使いやすいことを確認しています。

HEDGの使用方法

HedgeTradeの仮想通貨について十分な知識を得たところで、HedgeTradeトークンの使用方法をご紹介します:

HedgeTradeコインの購入

HEDGトークンは、まだプラットフォームでの直接購入や交換には使用できませんが、ユーザーは2つの方法でこのトークンを取得することができます。

まず、BTCを使って自分のアカウントのウォレットに入金し、HedgeTradeのブループリントを購入することができます。一方、CoinTigers、Bittrex、HitBTC、STEX、Bitcoincom、ProBit Exchange、Uniswap、Livecoinなどの様々な仮想通貨取引所を通じてHEDGトークンを入手することができます。

HEDGの保管

HEDGトークンを保管する際には、さまざまな種類のウォレットを検討することができます。しかし、これらのコインを保管するための最良の方法の1つは、暗号化されたハードウェアウォレットを使用することです。使用できるウォレットには、MyEtherWallet、Atomicウォレット、Trustウォレットなどがあります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です