litecoin banner crypto

ライトコインの総合的なガイド

多くの暗号化通貨は、国民の注目を集めて法定通貨に代わるものことを目的としている。Litecoinもその1つで、Googleの元従業員チャールズ・リーによって2001年に設立された。仮想通貨業界に導入されて以来、ビットコインのゴールドと比較してデジタルシルバーと呼ばれている。

ライトコインがどのように生まれたか

ビットコインは市場に出た当初、価格が急騰して暗号化ブームを巻き起こしたまで、ずっと賛否両論の批判を受けた。この間、デジタルマネーが盛んになり、多くの開発者がそれを利用した。

ビットコインの成功でいくつかの仮想通貨が浮上し始めていたが、その一つがライトコインだ。そのクリエイターであるチャールズ・リーの目標は、ビットコインの欠点を解決する暗号化通貨だ。

Litecoinという暗号化通貨の利点

なぜ他の形式の暗号化通貨ではなくLitecoinを使うべきなのかを知りたいのであれば、以下はいくつか利点で、チェックしてください:

より速いトランザクション

ビットコインで人々が直面する問題の1つは取引の時間だ。通常、長い時間がかかるが、変動の激しい暗号市場でトレーダーを不利にする。

この問題を解決するため、Litecoinは2017年に隔離された署名プロセスと呼ばれるアップグレードされた取引フォーマットの使用を開始した。これにより、情報を2つの部分に分割して処理を高速化し、1つのブロック内でより多くのトランザクション用のスペースを提供できる。

ビットコインの取引速度は9分であるのに対し、Litecoinの現在の取引速度は2.5分である。これにより、Litecoin暗号化通貨は、より短く、より迅速な取引を好む商人や他のユーザーにとって絶好の選択肢となる。

より低コスト

Litecoinでは、ビットコインの2ドルに対して20セント程度で、より低コストでより小さな取引を行うことができる。これにより、ビットコインを利用してより迅速な取引を行うことができ、投資やより大きな支払いのためにビットコインを残すことができる。

簡単にアクセス可能

暗号分野でのLitecoinの人気が高まっているため、決済形態として利用する人が増えている。その利便性から、LitecoinはPayPalやインターネットバンキングのようなオンライン決済システムとして運用されている。現在まで、暗号化通貨市場の時価ランキングで8位にランクインしており、ほぼ8年連続でトップ10入りしている。

Litecoinは、BinanceやGeminiなどの信頼できる取引サイトから購入することで簡単に入手できる。CheapAirやCryptopetのような店舗の多くが支払い手段としてLitecoinを受け入れており、人気が高まっていることを証明している。

分散型通貨

他の仮想通貨と同様に、Litecoinは中央機関では動いていない。これは、すべての取引がピアツーピア取引を可能にするブロックチェーン上で行われていることだ。すべての取引が世界中のマイナー労働者によって記録され、検証されているため、このプロセスの安全性と完全性は依然として損なわれていない。

この過程で、マイナーたちはまず取引の合法性を確認してから、ブロックチェーンに恒久的に追加する。取引の検証に対する報酬として、マイナー労働者は、取引中に誠実さと正直さを維持することを奨励するLitecoinsの形で提供される。今年、現在のインセンティブは12.5LTCの価値がある。

このような組織化されたシステムにより、LTCのような暗号化通貨を中央機関なしで運用することができる。政府や銀行が管理する法定通貨とは異なり、Litecoinは人々がより簡単かつ迅速に資金を完全にコントロールできるようにしている。また、政府機関は仮想通貨の管轄権を有していないため、ライトコインの価値や購買力を変更することはできない。

簡単なアルゴリズムを使用する

その操作とシステムは他の暗号化通貨ほど複雑ではないので、Litecoinは市場に参入しようとするマイナー労働者にとってより容易に入手し、包括的であると考えられている。つまり、マシンが取引を処理する能力を持っている限り、一般的なコンピュータを所有している人は誰でもLitecoinを採掘することができる。他の暗号化された通貨には、専用のハードウェアと高度なプロセッサが必要だ。

また、高度に複雑なアルゴリズムを扱うために強力なコンピュータを必要とするビットコインなど他の暗号化通貨と比較して、Litecoinはあまり複雑ではないアルゴリズムScryptを使用している。これはマイナー労働者が取引を確認するために使ったものだ。

このため、Litecoin暗号化通貨のマイニングは、既製の低コストの処理ユニットを使用して行うことができ、プロセスへの参加を希望するユーザーがより簡単にアクセスできるようになる。

ライトコインを保存、投資、取引する方法

LTCに最適なウォレット

電子ウォレットを使用すると、後で投資や取引の際に使用するためにライトコインを保存することができる。一番使えるウォレットは、Ledger Nano S、Trezor T、Electrum LTCだ。

お気に入りのウォレットを選択すると、BinanceやCoinbaseなどの様々な取引サイトを通じてLTCを購入することができる。これらは現在最大の暗号化通貨取引プラットフォームだ。

LTCを安く買って高く売る

ライトコインに投資する場合、最も賢い方法は、価格が低いときに購入し、それが回復するのを待ってから売ることだ。市場での通貨の移動を追跡するために、さまざまなサイトにアクセスできる。これにより、リアルタイムで通貨のパフォーマンスを評価できる。

CFDを使用してLTCを取引する

あなたはまた、差額契約(CFD)を購入することによって、ライトコインを取引することができる。そこで、あなたは通貨の可能なパフォーマンスに賭ける。これは、CFDを購入する際に、その価格が特定の期間内に上昇するか下落するかを予測するという意味だ。例えば、価格が上がることを正しく予測すれば、賭けに勝つことで利益を得ることができる。もしあなたが間違っていたら、あなたは相手にお金を払わなければならない。

ライトコイン仮想通貨:ライトコインに投資すべきか?

ライトコインは現在151.33ドルで販売されている。現在のランキングと市場での積極的なパフォーマンスから、専門家たちは、ライトコインの価格は2025年までに1,200ドルまで急騰し続けるだろうと考えている。

その後、Litecoinは2020年にビットコインを上回る上昇率を記録したことから、今後数年でビットコインの価格はさらに上昇するとの前向きな期待を受けている。そして、PayPalは現在、デジタル資産の売買や保有の際の仮想通貨の利用に対応しているため、Litecoinはより幅広い市場に触れることになるかもしれない。

暗号市場に関する最新情報やアップデートは、Cryptoshimbunでご覧ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です