ZCash cryptocurrency

ZCash:ビットコインのスケーラビリティとプライバシーの問題に対する答え

ビットコインが最初にジェネシスブロックを発表してから10年以上が経過し、より良い通貨取引の選択肢を求めて、多くのアルトコインがその足跡をたどってきました。これには、仮想通貨業界で利用可能な何千ものコインの一つ、ZCash仮想通貨も含まれます。

このアルトコインが市場の他のデジタル資産よりも優れている点は何でしょうか?Cryptoshimbunを閲覧しながら、ZCashが調べたり投資したりする価値があるかどうかを確認してください!

仮想通貨ZCashとは?

市場に出回っている他の仮想通貨と同様に、ZCashは分散型ブロックチェーン上で動作し、ピアツーピア取引のプラットフォームを提供するデジタル資産です。ビットコインのブロックチェーンコードベースをベースにしており、2016年に発売されました。 

初期の頃と開発

ジョンズ・ホプキンス大学のコンピュータサイエンスの教授であるマシュー・グリーン氏が中心となって、情報セキュリティ研究所のクリスティーナ・ガルマン氏、イアン・ミアーズ氏、アビエル・ルービン氏などの大学院生とともに、デジタル資産の技術を開発しました。ZCashのホワイトペーパーが完全に形になるまでには、3年を要しました。

当初、ZCashのアイデアは、ビットコインのプライバシーとスケーラビリティの問題を解決するために、グリーン氏の暗号技術チームから生まれました。このコンセプトは、2013年にElectric Coin Companyから300万米ドルの投資を受けてスタートしました。

暗号会社の最高経営責任者(CEO)であるZooko Wilcox-O’Hearn氏は、2016年にZCash仮想通貨の開発を引き継ぎました。同年、ネットワークから最初のブロックがマイニングされ、同社の成功のきっかけとなりました。

ZCashが解決しようとしていること

ブロックチェーンは、特にビットコインのネットワークにおいて、取引の透明性を通じて分散型の特徴を維持しています。その主な目的は、プライバシーとセキュリティを最適化した上で、金銭取引から金融規制を取り除くことでした。

しかし、これにより、仮想通貨の初期段階では、仮想通貨投資家は誤った安心感に陥りました。ブロックに保存されている情報は、依然として取引を行った人にたどり着くことができます。

これが、ZCash仮想通貨が解決しようとしている問題です。ZCashは、Bitcoinの青写真に基づいて設立され、改良された独自のネットワークを通じて、ブロックチェーンの透明性にもかかわらず、取引が匿名であることを保証し、ユーザーに力を返します。

ネイティブコインとしてのZEC

多くの点で、ZCashのネイティブコインであるZECは、ビットコインのBTCに似ています。それは、市場に流通しているコインの数も含めてです。ZECコインの発行枚数は、BTCに続いて2,100万枚と少なく、資源を限定して価格を上昇させることを目的としたプロジェクトとなっています。

さらに、ZECコインも同じオープンな金融システムで取引されています。しかし、ZCashはさらに一歩進んで、仮想通貨投資家にとって取引をより安全でシームレスなものにするために、プライバシー機能とコインのファンジビリティを追加しています。

現在、ZECは1コインあたり約171米ドルで取引されており、全体の時価総額は200万米ドルとなっています。 

仮想通貨ZCashの主な特徴

zk-SNARKsプロトコル

ビットコインの取引で悩まされているプライバシーの問題に対処するため、開発者は、取引を記録する際にユーザーの身元と支払い履歴を保護する方法を見つけました。そしてZCashは、zk-SNARKsと呼ばれる特定のゼロ知識証明を導入し、すべてのプライベートな取引における匿名性を可能にしました。

ZCashには、ブロックチェーンに記録されている2種類のアドレスがあります。

  • t-アドレス – ブロックチェーン上で公開されているパブリックアドレスで、ユーザーは送信者、受信者、取引額などの情報を見ることができます。 
  • z-アドレス – プライベートアドレスで、認証された鍵を使ってのみアクセスできます。 

ブロックチェーン上では2つのアドレスを利用することができるため、特定の取引に対して以下のような異なるセキュリティ対策を行うことができます。

  • シールド・トランザクション(z-to-z – 送信者と受信者の両方のデータがブロックからシールドされます。 
  • シールディングおよびディシールディング・トランザクション(z-to-zおよびt-to-z – 送信者と受信者の両方のデータがブロックから遮蔽されますが、t-addressのデータは台帳上で公開されます。 

ZCashブロックチェーンはビットコインの透明性プロトコルに従っているため、すべての取引は台帳上で見ることができます。

zk-SNARKsプロトコルが保護するのは、z-addressのユーザー情報です。これにより、ユーザーのアイデンティティを損なうことなく、トランザクションを監査できるような選択的な開示が可能になります。 

プルーフ・オブ・ワーク(POW)コンセンサス

ビットコインと同様に、ZCash仮想通貨もPOWコンセンサスによってブロックを採掘し、ノードが取引を検証して二重支出を防ぎます。ノードは、ブロックチェーン上の取引を維持・記録することで、新たに発行されたZECコインを受け取ることができます。 

ZECのファンジビリティ機能

ここがビットコインとZCash仮想通貨の違いで、ZECコインは完全にファンジブルです。これは、開発者がコインに追加した機能で、Zアドレスを利用している投資家に取引を辿られないようにするためのものです。

各BTCはマイニングされたブロックごとに計上されているため、取引のウォレットアドレスは依然としてそのユーザーにさかのぼることができます。ウォレットは偽名ですが、ビットコインは詐欺を防ぐために透過的に運用されているため、取引の匿名性は保証されません。

一方、ZCashは、ファンジブルコインによって匿名性を確保しています。それぞれのコインは、不換紙幣と同様に、同じ通貨の他のコインと交換することができます。

大きな違いは、ZECにはユーザーを特定できるシリアルナンバーが付いていないことです。そのため、購入したコインの購入履歴を元のブロックにさかのぼることができず、匿名で使用することができます。 

ネットワークの拡張性 

ZCashが解決しようとしているビットコインのもう一つの問題は、スケーラビリティの問題です。現在、ビットコインのブロックチェーンを使った取引には、膨大なエネルギーが必要です。また、大規模なトラフィックは取引を遅らせたり無効にしたりするため、ブロックチェーンが2人のユーザー間のプロトコルを完全かつ迅速に最適化することもできません。

ZCashネットワークは、シャーディングによって台帳の容量を完全に最大化するために、Bitcoinのプロトコルを変更しました。これは、ブロックチェーンを別々のセクションに分割することで、マイニングと検証のプロセスを迅速化し、プロセスをより効率的にすることを意味します。

ZCashのシャーディングアーキテクチャの提案は、まだブロックチェーンに実装されていないため、この計画はまだ進行中です。

ZCash: 仮想通貨取引をさらに高みへ  

プライバシーとセキュリティのニーズに対応できる適切な仮想通貨を見つけることは、発展途上の仮想通貨分野では困難です。取引所や新進気鋭のデジタル資産に求められる規制が強化されているため、選択肢はすぐに減ってしまいます。しかし、ZCash仮想通貨は、取引における匿名性を維持したい場合に役立つ選択肢です。ビットコインのネットワークを改良した独自のブロックチェーン技術により、他のデジタル資産では同様に満たすことができない市場でのレバレッジを実現しています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です