naomi osaka nft

大坂なおみ選手、希少なNFTを公開して仮想通貨への関心を追求

テニスチャンピオンの大坂なおみ選手は、昨年8月31日、Bloombergとのインタビューで、潜在的な機会と彼女が最近リリースしたNFTについて語りました。大坂選手は、プロスポーツ選手としてのキャリアとは別に、仮想通貨の世界や2021年4月にリリースした彼女のNFTへの投資を考えているようです。 

「実は、エージェントと仮想通貨について話していたところです。オンラインでは、規模が拡大を続けていることを知っています。ドージコインについて読んだのを覚えています。何か新しくて面白いものが出てきそうですね」と彼女は語りました。

また、大坂さんは、誰かに言われる前からデジタル資産に興味を持っていたといいます。ドージコインがツイッターやその他のオンラインプラットフォームで話題になり始めてからは、これが彼女が仮想通貨について学ぶための手段となりました。

大坂選手は、なぜ仮想通貨に興味を持ったのか、その理由を「アスリートとしてのキャリアはそれほど長くないので、賢く使いたいんです。エージェントがチャンスがあると言ってくれるのが好きなんです」としています。

彼女は、アスリートとしてのメンタリティを投資にも活かしており、新しいことに挑戦し、成功しなくても立ち上がるという考え方を語っています。「変な言い方ですが、私はちょっとした失敗が好きなんです。何がうまくいかなかったのか、なぜそうなったのかを理解することができるからです」。

デジタル資産への興味から、彼女はフィンテック業界でより多くの機会を探ることができ、姉の大坂まり選手と一緒に珍しいNFTを発表したこともありました。これは6枚組のコレクションで、「Finding What Was Lost」と題され、最も高価なものは20万ドルで落札されました。

大坂選手が全米オープンに出場する前の2021年4月に発売された2人の共同NFTの中には、トム・ブレイディ選手のサインプラットフォームになおみ選手とまり選手がサインしたグッズも含まれていました。これらは初めてオークションに出品され、合わせて60万ドルに達しました。

大坂選手は、テニス界のレジェンドであるセリーナ・ウィリアムズ選手などを差し置いて、世界で最も高給取りの女性アスリートの一人です。その間も、彼女はテニストーナメントに出場し続けます。9月2日に予定されているオルガ・ダニロビッチ選手との試合は、ニューヨークのアーサー・アッシュ・スタジアムで行われる待ちに待ったイベントの一つです。最新の仮想通貨のニュースや更新情報は、Cryptoshimbunでご確認ください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。