ftx banner main

FTX取引の初心者向けガイド

2019年、市場最大級の取引所であるBinanceが非公開の巨額の資金を投資した際、FTXは暗号通貨業界で騒がれました。この取引所は、2021年1月のゲームストップ騒動にGMEトークンを含めて参加したことで、再びニュースの見出しに登場するようになりました。この偉業は、特にゲーマーの間で、同取引所の成長をさらに推し進めました。

この暗号資産取引所の特徴は何か、そして暗号資産市場の流れを変える可能性があるのか。もっと詳しく知りたい方は、このCryptoshimbunの包括的なガイドをお読みください。

FTX取引とは何ですか?

FTX取引の中核となるFTX取引所は、他の暗号資産取引所では利用できない、購入したい資産と同じ価値を持つ株式、債券、コモディティ、金利市場指数などのデリバティブ資産のために設計されています。

FTXは、「トレーダーがトレーダーのために作った暗号資産取引所」として宣伝されており、ボラティリティ商品、レバレッジトークン、そしてもちろんデリバティブなど、幅広い暗号通貨投資オプションを提供しています。FTXが良い取引所である理由は、初心者や熟練したトレーダーが簡単に操作できる包括的なインターフェースを持っていることです。

4月に発足したFTXは、すでに最も流動性の高いオーダーブックを持つ取引所としてリストアップされていました。少なくとも1日あたり1億ドル以上の取引が行われています。

同社のビジョンによると、それはBitMEXやOKExの歩みを踏襲することを目指しているといいます。伝統的な投資資産と暗号資産取引の革新的な機能の融合という目標により、デジタル資産のユーザーやトレーダーに、より多くの選択肢を提供することができます。

知っておきたいFTXの機能

FTXには、市場の他の取引所とは一線を画す、知っておくべきいくつかの特徴があります。以下のコンセプトを読んで、取引所の仕組みを理解してください。

先物

先物は、ある資産の価格が上昇または下降するかどうかを決定する取引上の賭けです。これはまた、このデリバティブ商品が、取引の当事者にあらかじめ決められた日付と価格を実施できることを意味します。

また、FTXには、有効期限のない未来の契約である「永久先物」という機能があります。つまり、永久先物の価格は定期的に更新され、価格が維持されているのです。

本稿執筆時点で、この取引所のポートフォリオには少なくとも80のトークンが提供されています。メジャーな暗号通貨とマイナーな暗号通貨を含む多様なセレクションがあります。さらにFTXは、プライバシートークン、取引所トークン、地域バスケットも提供しています。

FTXMOVE契約

FTXのもう一つの特徴は、市場での暗号資産の状態に基づいて取引を決済できるFTXMOVE契約です。この機能が特別なのは、トレーダーが少額の投資を行うことを選択できることです。このタイプの契約の有効期限は、毎日、毎週、毎月、または四半期ごと、があります。

スポット市場

スポット市場は、FTXの最も便利な機能の1つです。この機能により、ユーザーは暗号資産を購入した後、マッチオーダーにより従来の方法で取引することができます。スポット市場に使用されるFTXで最も人気のある資産には、BTC、ETH、LINK、BCH、BNB、USDT、BTMX、TRYB、PAXG、XAUTなどがあります。スポット市場の機能は、「その場で」売買取引ができるように設計されているため、すぐに利益を得たいトレーダーに最適です。

トークン化された株式

トークン化された株式は、FTXのユニークな機能で、ユーザーはTesla、Amazon、Netflixなどの異なるプラットフォームで交換される伝統的な資産に投資することができます。この機能により、トレーダーは他の種類の株式や資産に投資する際の選択肢を広げることができます。

予測市場

予測市場では、金融資産ではなく、市場に影響を与える可能性のあるイベントの未来を、ユーザーが推測したり、「賭け」たりすることができます。例えば、2020年の大統領選挙の際、FTXは、候補者の名前がついた契約書にユーザーが取引を行うことができる予測を開始しました。

FTX:FTTトークンの紹介

FTX取引所には、FTTというネイティブトークンがあります。このトークンを使うことで、同取引所は、先物取引を行いたいユーザーに対して、より安い取引手数料、FTT保険基金によるソーシャル化されたゲーム、担保を提供することができます。

このトークンは、Binance、Bitmex、CoinExなどの主要な取引所で入手できます。さらに、FTTはスポーツ市場でも活用でき、以下のペアリングで交換することができます:FTT/USD、FTT/USDT、FTT/BTC

FTXのコンセンサスプロトコルはFTTステーキングによるものです。取引所のステーキングとして参加したトレーダーは、新しいメーカーのスケジュール料金、ボーナス投票、紹介リベート率の増加などのメリットを享受できます。

FTXの生みの親たち

サム・バンクマン・フリードCEO兼創設者

FTXは、ジェーン・ストリート・キャピタルのインターナショナルETFデスクのトレーダーであるサム・バンクマン・フリード氏によって設立されました。FTXを設立する前は、先物、通貨、株式など、さまざまな種類の資産を扱っていました。この取引所は、先物取引所に関する問題を解決し、人々にとってより身近なものにするために開発されました。彼は、現在の暗号資産業界において、最も若いミリオネアの一人とされています。

Gary WangCEO兼創設者

Gary Wangは、サムと並んでFTXの創設者の一人でもあります。FTXチームに参加する前は、Googleでソフトウェアエンジニアとして働いていました。FTXチームに参加する前は、Googleでソフトウェアエンジニアとして働いていました。彼は、FTXの価格集計を担当しています。

Nishad Singh, エンジニアリング責任者

Nishad Singhは、FTX取引所のエンジニアリング責任者です。このチームに参加する前は、ソフトウェアエンジニアとして、さまざまなハイテク企業でインターンをしていました。また、FacebookやAlameda Researchなどの有名な代理店でも働いていました。カリフォルニア大学バークレー校で電気工学とコンピュータサイエンスの学士号を取得しています。

Cryptoshimbunでの、最新の暗号通貨ニュースと暗号通貨の更新情報をお見逃しなく! 私たちのサイトを見れば、暗号資産業界、ブロックチェーン技術、取引戦略についてもっと知ることができます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です