market cap banner

時価総額について知っておくべきこと

数多くの仮想通貨が存在する今日、どの仮想通貨に投資すべきかを知るためには、多くの要素を考慮する必要があります。その1つが時価総額で、デジタル資産の人気度を知る際の参考資料として一般的に用いられています。これにより、リスト上の順位に基づいて、ある仮想通貨がどれだけよく知られ、広く使われているかを知ることができます。

時価総額とは何か、その仕組みを知りたい方は、ぜひこのCryptoShimbunで詳細をご覧ください。

時価総額とは何か?

仮想通貨では、時価総額とは、マイニングされたデジタル資産の価値の合計です。これは、仮想通貨の価格と、現在流通しているコインの数を掛け合わせて算出されます。

暗号投資家は、市場での安定性にトークンの時価総額を見る傾向があります。時価総額が大きければ大きいほど、そのコインが投資の面でより安定している可能性が高くなります。しばしば、時価総額が小さいアルトコインは、大きな利益と損失が発生する傾向があります。

また、時価総額は、市場に存在するすべてのアルトコインの中での、その仮想通貨の人気や関連性を示す指標でもあります。このように、デジタル資産への投資や取引においては、投資家の判断に大きな影響を与えますが、仮想通貨の特徴など、考慮すべき点は他にもあります。

仮想通貨は、それぞれのデジタル資産の立ち位置を表すために、スモールキャップ、ミッドキャップ、ラージキャップという3つのカテゴリーのいずれかに分類されます。それぞれのカテゴリーの違いについては、以下をご覧ください。

スモールキャップ 

スモールキャップのカテゴリーには、その名の通り、時価総額が10億ドル未満の仮想通貨が含まれます。時価総額が低いため、このカテゴリーのアルトコインは一般的に劇的な損失を被りやすいです。これがデジタル資産の場合は、投資額が下がる可能性があります。 

ミッドキャップ 

ミッドキャップの仮想通貨は、10億ドルから100億ドルの範囲であるスモールキャップのアルトコインよりも高い時価総額を持っています。このカテゴリーは中間に位置していますが、市場の変動により多大な利益や損失を被るリスクがあり、資産はより成長の可能性を秘めているため、市場や実用性を高めていく過程にあります。 

ラージキャップ 

ラージキャップの仮想通貨は、他のアルトコインに比べて変動が少なく、流動性が高いため、安全な投資先と考えられています。デジタル資産がこのカテゴリーに含まれている場合、すでにラージキャップであり、多くの人々が仮想通貨に投資していることを意味するため、あなたの投資は大きな成長を遂げることはありません。

さらに、ラージキャップの仮想通貨は通常、100億ドル以上の時価総額を持っています。 

マーケットキャップの重要性

一部の人々は、マーケットキャップが誤った投資判断につながると主張しているため、マーケットキャップに対する仮想通貨コミュニティの意見は偏っています。一方で、仮想通貨が現在どのようなパフォーマンスをしているか、事実に基づいた情報を人々に与えてくれると言う投資家もいます。

貨幣や株式などの伝統的な資産に比べて、仮想通貨は一人の権力者が単独で管理するものではありません。その代わりに、仮想通貨ユーザーのコミュニティ全体によって管理されています。各デジタル資産の価値は、その市場価格によって決まります。これにより、その可能性と関連性が示されます。

仮想通貨マーケットキャップの追跡

正確な仮想通貨市場のキャップを提供するすべてのサイトの中で、CoinMarketCapは現在、投資家と仮想通貨愛好家が訪れる最も信頼できる人気のあるプラットフォームです。このサイトは、各仮想通貨の更新されたマーケットキャップを追跡し、そのパフォーマンスの概要を提供しているため、ユーザーは自分の立ち位置のマーケットを知ることができます。

CoinMarketCapは現在、デジタル資産のタイムリーな価格追跡のために最も訪問されているウェブサイトです。2013年5月にBrandon Chez氏によって設立され、すぐに市場の最新情報を得るために仮想通貨ユーザーや主要なニュースサイトから最も信頼される情報源となりました。CoinMarketCapの仮想通貨価格は、様々な仮想通貨取引所からの異なる価格のボリューム加重平均に基づいて計算されます。 

時価総額によるトップ仮想通貨   

現在、利用可能な仮想通貨の数が増えているため、各コインのパフォーマンスやトップ仮想通貨のリストのどこに入るべきかについて、仮想通貨の世界では競争が行われています。

それぞれのタイプがどこに位置するかを知るために、マーケットキャップに基づいたトップ仮想通貨のリストをご覧ください。 

ビットコイン  

ビットコインは現在、時価総額でトップの仮想通貨です。2009年1月に、謎に包まれた偽名のサトシナカモトによって作られました。今日に至るまで、創設者の本当の身元はまだ不明です。

ビットコインは分散型のデジタル資産で、ユーザーはピアツーピアの取引を通じてBTCを取引したり送ったりすることができます。ビットコインのすべての取引は、誰もがアクセスできるパブリックな分散型台帳であるブロックチェーンに記録されます。 

さらに、ビットコインは、従来の銀行システムを利用する際にユーザーが経験した共通の問題を解決するために、より迅速な取引と低い手数料を目標として作られました。ビットコインは、ピアツーピア(P2P)技術を用いて、中央機関を介さずに即時決済を可能にしています。

イーサリアム 

イーサリアムは、時価総額に基づく次の上位の仮想通貨です。イーサリアムは、イーサ(ETH)というコインがネットワークを動かしているブロックチェーンです。ビットコインのブロックチェーンと同様に、イーサリアムもまた、取引の検証と記録が行われる分散型のパブリック台帳です。

検証と記録以外にも、イーサリアムは「dApps」と呼ばれる分散型アプリケーションの作成と公開にも使用されます。これらのアプリケーションは誰でもアクセス可能で、第三者の助けを借りずに使用することができます。2015年に設立されたイーサリアムは、ロシア系カナダ人のプログラマーVitalik Buterin氏によって作られました。

現在では、チェーンリンク(LINK)、テザー(USDT)、ラップドビットコイン(WBTC)、OmiseGO(OMG)など、大量のアルトコインがイーサリアムブロックチェーン上のERC-20トークンとして運用されています。 

カルダノ 

時価総額で3番目の仮想通貨については、現在、カルダノがイーサリアムに続いています。2015年に設立されたカルダノは、チャールズ・ホスキンソンが作成した分散型のプルーフオブステークのブロックチェーンプラットフォームです。このデジタル資産は、他の仮想通貨における柔軟性のなさやスケーラビリティの欠如などの既存の問題を解決するために設計されました。

カルダノにはADAというネイティブトークンがありますが、これは19世紀の数学者でありコンピュータープログラマーでもあるAda Lovelaceに由来しています。 

バイナンスコイン  

バイナンスコインまたはBNBは、BinanceのクリエイターであるChangpeng Zhao氏とYi He氏によって2017年7月に設立されたBinance取引所のネイティブトークンです。前述の仮想通貨と同様に、BNBは製品やサービスの取引や支払いに使用されます。現在、バイナンスコインは時価総額でいうと4位です。 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。