El Salvadors momentum for BTC adoption heightens

エルサルバドルでBTC導入の機運が高まる

エルサルバドルでは、ビットコイン(BTC)の導入が勢いを増していることが、ナジブ・ブケレ大統領のTwitterでの最近の発表でわかりました。ブケレ大統領は10月16日のツイートで、より多くの人々が米ドル(USD)を交換してBTCを購入しており、その額は1日で最大3,069,761.05ドルに達したことを紹介しました。

ブケレ大統領が昨年10月16日にTwitterで公開したところによると、デジタルウォレットサービス「Chivo」の口座から引き出した金額に比べて、「人々はBTCを買うためにより多くの米ドルを投じている」とのことです。さらに、「Chivo」では24,076件の送金依頼があったことを確認したと付け加えています。一方で、同氏はメディアに対し、ATMを訪れて独自に事実を確認するよう求めました。

仮想通貨ニュースサイト「Cointelegraph」が昨年10月16日に報じたところによると、エルサルバドルにおけるこのドルからビットコインへの換算額の増加は、一般市民の意見の変化を証明するものだという。当初、エルサルバドル国民はビットコイン法に反対しており、2021年7月20日の地元紙「Diario El Mundo」のTwitter投稿をもとに、多くの人が街頭で抗議活動を行いました。多くの人が、仮想通貨のボラティリティーや、マネーロンダリングの対象になる可能性があることを訴えていました。

しかし、Cointelegraphの同報道に基づき、BTCを法定通貨として正式に採用したことで、エルサルバドル全土に200台以上のATMが設置されています。現在では、アメリカ、カナダに次いで世界第3位のネットワークとなっています。また、地方政府は、BTCを使用する人々に対して、燃料補助や税の免除など様々な補助金を提供しました。

また、ブケレ大統領は、10月10日にTwitterで、保有するBTCの利益400万ドル分を投資して新しい動物病院を作る計画を発表しました。その中で、4つの救急室や19のオフィスなど、さまざまな施設を紹介しています。

2021年6月5日、ブケレ大統領は、マイアミでの記者会見で、BTCをエルサルバドルの法定通貨として発表しました。そしてその数日後、公式のビットコイン法が可決され、2021年9月7日に発効しました。

最新の仮想通貨のニュースとアップデートは、Cryptoshimbunで入手してください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。