biggest names in crypto bannert image main

知っておきたい仮想通貨業界の大御所たち

仮想通貨という人気のデジタル資産を支える人々を知ってください。彼らがどのような人物なのか、もっと知るためにCryptoshimbunを読んでみてください!仮想通貨の価格は、2009年のわずか数円から現在のコインあたり数十万円に、長年にわたって成長してきました。今では、AT&T、KFC、バーガーキング、Overstockなどの機関で、支払い方法として徐々に受け入れられています。そして、その成長しすぎた成功は、創業者、共同創業者、CEOなど、誰に感謝すべきなのでしょうか!

成功した仮想通貨の背後には多くの人々がおり、彼らなしでは、このすべては不可能だったでしょう。この人たちが誰で、何に貢献したのか気になる方は、Cryptoshimbunがリストを作成しましたので、下記からチェックしてみてください!

ArmstrongからZhaoまで。知っておくべき仮想通貨に影響力のある人物たち

Brian Armstrong

Brian Armstrong氏はアメリカの投資家であり、電子ウォレットとしても使える仮想通貨取引プラットフォーム「コインベース」を共同設立した企業経営者です。それとは別に、この自称億万長者は、不幸な人々に仮想通貨を寄付することができる慈善プラットフォームGiveCryptoを共同設立しました。

それ以前には、IBM、Airbnb、Deloitteで働き、UniversityTutor.comを設立しました。現在39歳の彼は、2021年時点で80億米ドル以上の資産を持っています。

Samuel Bankman-Fried

Samuel Bankman-Fried氏、通称SBFはFTXのCEO兼創設者です。これはスポーツベッティングで最も人気のある仮想通貨取引所で、メジャーリーグバスケットボールやMLBでの支払い方法の一部になっています。そして、彼の成功と仮想通貨を一歩上に押し上げる努力のおかげで、このアメリカ人起業家は現在、世界で最も裕福な29歳の億万長者となっています。2022年現在、彼の資産は225億米ドルです。 

Vitalik Buterin

第2位の仮想通貨イーサリアムの共同創設者の一人は、他ならぬVitalik Buterin氏です!このロシア系カナダ人のプログラマーは、仮想通貨の創設期から参加しており、2011年にはBitcoin Magazineを共同設立しています。

2014年、彼はCharles Hoskinson氏、Gavin Wood氏、Anthony Di Lorio氏、Joseph Lubin氏とともにイーサリアムを立ち上げました。イーサリアムと名付けられた「分散型マイニングネットワークとソフトウェア開発プラットフォームを1つにまとめたもの」は、2015年に6500万イーサ(ETH)通貨で運用を開始しました。2020年初頭には、その価値は約160億ドルとなっています。

Jack Dorsey

技術系起業家、Jack Dorsey氏はTwitterの元CEO兼共同創業者であり、Squareの創業者兼CEOでもあります。これは金融サービス会社で、2020年10月に5000万米ドル以上、つまり資産の約25%をビットコインに投資しています。

Dorsey氏は現在、ブロックチェーンのソーシャルメディアプロトコルの開発に特化した非営利プラットフォームである「Bluesky」という新しいイニシアチブを立ち上げる意向です。現在、この49歳の慈善家の資産は、2022年時点で62億米ドルとなっています。

Charles Hoskinson

Charles Hoskinson氏はアメリカのソフトウェア開発者で、イーサリアムと、企業や学術機関、政府機関などにサービスを提供する仮想通貨研究会社Input Output HKまたはIOHKを共同で設立しました。また、カルダノブロックチェーン、Cryptocurrency Research Groupの創設者であり、Bitcoin Foundationの教育委員会の議長も務めています。34歳の現在、彼の資産は5億~6億米ドルとなっています。 

Kris Marszalek

Kris Marszalek氏は、80以上の仮想通貨の取引、支払い、VISAカード、利子貯蓄、クレジットを提供する500万人以上の顧客を持つ銀行プラットフォームのCEOです。この会社はManacoと呼ばれていましたが、最初のコインセールで2670万米ドル以上を稼いだ後、ブランドを変更してCyrpto.comに変更しました。

なぜこの会社を作ったのかと聞かれると、「自分のお金、データ、アイデンティティをコントロールするのは基本的人権だ」と答えました。しかし、このすべての前に、彼はオンライン小売業者であるEnsogoのCEOであり、BEECRAZY、Starline Polska、Yiyiを共同設立しています。

Trung Nguyen

Trung Nguyen氏は、Sky Mavisを共同設立し、毎日のバトルに勝つと仮想通貨を獲得できる「プレイトゥアーン」ブロックチェーンベースのバトルゲーム、Axie Infinityを夢中で開発したベトナム人実業家です。2018年の発売以来、数百万人の人々の関心を集めています。

そして、このゲームの広範な流行により、そのネイティブトークンAXSは昨年、0.4米ドルから95.7米ドルまで上昇したのです。Nguyen氏はCoinDeskの「2021年の仮想通貨業界における最も影響力のある人物」のリストにも入っています。

Michael Saylor

Michael Saylor氏はアメリカの起業家で、モバイルソフトウェア、クラウドベースサービス、ビジネスインテリジェンスを提供するMicroStrategyの創業者、CEO、会長も務めています。ビットコインに4億2500万米ドル以上を投資した最大の上場ビジネスインテリジェンス企業であることも注目されます。

しかし、この57歳の経営者は、前述の業績とは別に、無料の教育を提供するSaylor Academyを創設しました。現在、Saylor氏は2022年時点で15億米ドルと評価されています。 

Anatoly Yakovenko

世界で最も有名な仮想通貨の1つであるソラナまたはSOLは、Anatoly Yakovenko氏によって設立されました。これをきっかけに、分散型アプリケーション、言い換えればdAppsが誕生しました。そして、この仮想通貨の成功により、時間とともに価値が上がり、今日の総ロック値(TVL)は114億1000万米ドルを超えています。

しかし、Yakovenko氏は、この仮想通貨はまだこれから価値を高めていくことができると考えています。Yakovenko氏は、5年後にはソラナが「あらゆる面で驚異的な成長」を遂げていると考えています。 

Changpeng Zhao

Changpeng Zhao氏、またの名をCZは、取引高で世界最大の暗号取引所であるBinanceのCEOです。東京証券取引所やブルームバーグ取引所でも取引ソフトウェアを開発し、2018年にフォーブスの仮想通貨界の富豪ランキングで3位になりましたが、それ以前はOKコインの技術最高責任者やブロックチェーンの開発責任者でした。現在、この44歳の資産は19億米ドルを超えています。

成長する仮想通貨業界

私たちが今日知っている仮想通貨業界は、リストに載っているこれらの人々なしではありえないでしょう。彼らの功績と貢献のおかげで、業界は成長し続け、他の才能ある人々がその才能を発揮して、拡大し続ける暗号球に参加するよう刺激を与えているのです!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。