nft treasury us banner image banner

米財務省、NFTがマネーロンダリングに利用される可能性を警告

2020年のマネーロンダリング防止法に基づき、米国財務省は、ノンファンジブルトークンに関する40ページの報告書「美術品の取引を通じたマネーロンダリングおよびテロファイナンスの促進に関する研究」を発表し、金融犯罪の観点から、新興デジタルアート空間のリスクを強調しています。

「新興のオンラインアート市場は、この分野の市場の特定の活動(デジタル作品の所有権を表すことができる基礎となるブロックチェーン上のデジタルユニットであるNFTの購入など)の構造やインセンティブによっては、新たなリスクをもたらす可能性がある」と、この文書では述べられています。

また、サイバー犯罪者がネットワーク内の販売記録を操作するために違法な資金を使ってNFTを購入する、NFTを使ったウォッシュトレードの可能性にも着目しています。

「さらに、NFTは、犯罪者が不正な資金でNFTを購入し、ブロックチェーン上に販売記録を作成するために自分自身との取引を進める自己ロンダリングを行うために使用することができます」と報告書には記載されており、「NFTはその後、事前の犯罪に結びつかないクリーンな資金を犯罪者に補償する無意識の個人に売却される可能性があります」と財務省はしています。

NFTに関連するリスクを抑制する試みとして、同研究は、透明性を高めるための民間情報の改善、法律や税関に関する当局の訓練、NFT領域内のユーザーに対するマネーロンダリング防止要件の適用など、多くの代替策を提案しています。

NFTは市場で継続的に繁栄していますが、これらの暗号トークンの人気は、投資家をターゲットにした詐欺師からも注目され、規制当局に警鐘を鳴らしています。

米国オレゴン州金融規制局のT.K.キーン局長も、一般市民に対して同様の警告を発表しています。同氏は、これらのデジタル資産に投資しようとする前に、徹底的な調査が必要であると述べています。

「仮想通貨やNFTで大きなリターンを約束する詐欺がインターネット上に氾濫しています。仮想通貨やNFTの購入を希望する投資家は、これらの投資とそのリスクを十分に理解した上で、下調べをする必要があります」と警告しています。仮想通貨の最新情報や仮想通貨に関するニュースは、引き続きCryptoshimbunでご覧ください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です