crypto for dummies banner 101

仮想通貨の基礎知識:知っておきたい基礎知識

仮想通貨の世界に飛び込んで、そのユニークな特徴と数々の投資機会について知ってください。この業界に飛び込む前に、初心者向け仮想通貨ガイドに目を通し、仮想通貨の基礎知識を増やしてください。

仮想通貨はどのように作動するのか

仮想通貨は、ブロックチェーン技術に基づいたトークンやコインの形をした仮想通貨です。これらのコインは、中央機関によって発行・管理されていないため、政府の干渉を受けません。

さらに、暗号化された取引は、コンピュータのネットワークを利用して、ブロックチェーンと呼ばれる公開台帳に記録されます。各取引は、公開アドレス、公開鍵、秘密鍵を用いた暗号化により保護されます。

ブロックチェーン技術を使った取引に成功した最初の仮想通貨は、ビットコインです。2009年にサトシ・ナカモトと呼ばれる偽名の開発者が発表しました。それ以来、多くの仮想通貨が市場に登場しています。

仮想通貨の世界で旅を始めるには、仮想通貨コインを入手する方法を知らなければなりません。その方法のひとつがマイニングです。コンピュータを使って暗号化された方程式を解くことで、デジタルコインという形でインセンティブを得ることができます。また、CoinbaseやBinanceなどの取引所やSwissquoteやeToroなどのブローカーサイトから購入することもできます。

デジタル資産をオンラインで売買する際の判断材料として、必ずマーケットキャップを確認してください。これは、暗号市場におけるコインの総価値を意味し、どのコインが好調で、どのコインがランク外に落ちているかを監視するのに役立ちます。

それでは仮想通貨の基礎がわかったところで、この この猿でもわかる仮想通貨入門を通じて、コインの使用方法を確認してください。

仮想通貨に投資する方法

使用したい仮想通貨を選ぶ

市場には数多くの仮想通貨があり、それぞれが独自の特徴を持っています。仮想通貨の概念が登場してからまだ10年ほどしか経っていませんが、すでに非常に多くのコインやトークンが仮想通貨の世界に登場しています。

さまざまな仮想通貨の歴史を調べて、市場でどのくらいのパフォーマンスをしているかを見ることができます。ピーク時や大きな下落時には、将来的にうまくいかないことを示しているので注意が必要です。安定しているものは、成功の可能性を示しているからです。

信頼できるプラットフォームとウォレットを見つける

仮想通貨取引所とは、トレーダーが仮想通貨を保管、売買できるプラットフォームのことです。一部の取引所では、不換通貨を暗号コインと交換することができますが、他の取引所では、ユーザーはデジタル通貨間の取引しかできません。最も人気のある暗号取引所には、Coinbase、Binance、Cash Appなどがあります。

一方、クリプトウォレットの主な目的は、コインを安全に保管し、必要なときに簡単にアクセスできるようにすることです。クリプトウォレットでは、自分の秘密鍵を完全に管理できるため、資産の安全性を確保することができます。

ウォレットには、インターネットからアクセスできるホットウォレットや、ハードウェアデバイスの形をしたコールドウォレットなど、さまざまな種類があります。最も信頼性の高いウォレットとしては、Ledger Nano S、Trezor One、Gemini、BlockFiなどが挙げられます。

ポートフォリオの管理

専門家は、仮想通貨が市場で下落したときに大きな損失を避けるために、複数の暗号資産に投資することを提案しています。また、ポートフォリオに1つ以上のステーブルコインを含めるのが良いでしょう。

ステーブルコインとは、価値が米ドルや金の価格などの特定の通貨に固定されている仮想通貨を指します。これらは安定性をもたらし、暗号市場のボラティリティを最小限に抑えます。

仮想通貨を安全に保つための豆知識

信頼できるプラットフォームの使用

取引を行う際に信頼できるプラットフォームのみを使用することで、自分の仮想通貨の安全性を確保することができます。仮想通貨コミュニティから肯定的な評価を受けている取引所を利用するのが良いでしょう。不慣れなプラットフォームやサイトを探索することは避けてください。なぜなら、多くのハッカーがこれらを利用してお客様のデバイスにマルウェアを侵入させることがあるからです。

ハードウェアウォレットを選択

長期間にわたって資産を保管する場合は、ハードウェアウォレットを使用すると、コンピュータの脆弱性からより安全に保護することができます。自分の資産が安全であること、自分だけがアクセスできることを知っていれば、より安心できるでしょう。

賢く投資

仮想通貨市場は、特定の時間における通貨の需要と供給によって仮想通貨の価格が決まる、非常に変動の激しい市場です。仮想通貨に投資する場合は、価格が低いときに購入し、価格が上昇するのを待ってからコインを売却するのがベストです。

また、ビットコイン、イーサリアム、リップルなど、市場で販売されている主流のコインへの投資を検討することもできます。暗号化コミュニティを探り、暗号化の専門家が集まるさまざまなチャットルームに参加して、市場の最新動向を把握しましょう。

時価総額で上位の仮想通貨

これらの人気のあるデジタルコインを探求することで、仮想通貨の知識を完全なものとしましょう。本ガイドは、各資産のユニークな特徴を示しています。

Bitcoin(ビットコイン)

サトシ・ナカモトによって発明されたビットコイン(BTC)は、業界を代表する仮想通貨の一つです。数あるデジタル資産の中でも、価格、取引量、時価総額ともにトップです。その人気と成功により、Amazon、PayPal、Starbucksなど多くの企業がビットコインを決済手段の一つとして採用しています。

Ethereum(イーサリアム)

ビットコインに続いて最も成功したデジタル通貨は、イーサリアムネットワークの固有の仮想通貨であるイーサ(ETH)です。イーサは、開発者が独自のデジタル通貨を作成することができる、分散型でオープンソースのネットワークであるイーサリアムブロックチェーンを動かしています。

他の仮想通貨と同様に、イーサは交換媒体ですが、その主な機能はイーサリアムネットワークでの取引を促進することです。

Binance coin(バイナンスコイン)

バイナンスコイン(BNB)は、デジタル資産の取引やBinance取引所の手数料の支払いに使用されます。初期の頃、バイナンスコインはイーサリアムブロックチェーン上で稼働していましたが、その後Binance Chainと呼ばれる独自のブロックチェーンに移行しています。

BNBは2017年にピークに達し、一貫して市場のトップランクに留まっています。これは、このコインが安定性をもたらし、投資におけるリスクが少ないことを証明しています。

Ripple(リップル)

リップルは、国際的な取引を提供する通貨交換、送金システム、特許決済です。そのネイティブコインはXRPと呼ばれ、取引所、銀行、その他の金融機関との取引に使用されます。

リップルは、取引の検証をマイナーに依存している多くの仮想通貨とは異なり、プラットフォーム上でリップルプロトコルコンセンサスアルゴリズム(RPCA)を利用しています。

Tether(テザー)

テザー(USDT)は米ドルにペッグされているため、最も安定した仮想通貨の一つとなっています。暗号市場のボラティリティーをヘッジし、他のデジタル資産と比較して投資のリスクが少ないのが特徴です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です