crypto scams knowledge banner iamge

知っておきたいオンラインでの仮想通貨の詐欺

テクノロジーの絶え間ない進歩は、人々に革新的な方法を生み出し、デジタルの世界に適応する動機付けを与えています。その一つが仮想通貨です。仮想通貨は、ブロックチェーン技術や分散型台帳を使用したデジタル通貨で、分散型となっています。

仮想通貨に興味を持つユーザーが増えるにつれて、より多くのアルトコインがオンラインで出現し、仮想通貨の人気を示しています。世界中の投資家は、関心を持つ買い手に対して一貫してコインを売買しています。さらに、非中央集権的な性質により、人々は好きなときに簡単に自分のお金を追跡し、管理することができます。これらすべてを合わせると、仮想通貨がお金の未来であることがわかります。

しかし、この大きな牽引力は、ハッカーや悪意のある人々をも惹きつけています。彼らはこれを機会に、欲と満足のために、インターネット上で罪のない人々を詐欺にかけるのです。仮想通貨取引を行う際にオンラインで安全に過ごしたいのであれば、ここでは知っておくべき2021年の仮想通貨詐欺の例を紹介します。

  1. 偽のウェブサイト

残念ながら、インターネット上のすべてのウェブサイトが本物とは限りませんが、ハッカーは、それらを信頼できるように見せかける優れた技術を持っています。偽のウェブサイトを見分けるには、まずアドレスバーのURLの先頭に南京錠があるかどうかを確認します。リンクが「https」で始まっていれば、訪問しているウェブサイトが安全であることを保証していることになるので、確認する必要があります。 

  1. 偽のアプリケーション

ウェブサイトだけでなく、携帯電話の偽アプリにも注意が必要です。これらのアプリケーションはハッカーによって作成され、お客様の個人情報を収集し、他のアカウントのハッキングに利用できるように設計されています。

AndroidのPlay StoreやiOSのApp Storeのようなデジタル配信サービスでも、偽のアプリケーションを見つけることができます。レビューやプレス情報、アプリを開発した会社などを確認すれば、簡単に見破ることができます。これらは、そのアプリが真正性を確認するのに十分な情報を持っているかどうかの手がかりとなります。

アプリケーションストアには偽の仮想通貨アプリがたくさんあり、その開発者は本物の仮想通貨アプリに見せかけるためにあらゆる手を尽くしています。 

  1. フィッシング詐欺

フィッシング詐欺は、人々がインターネット上で遭遇する最も一般的な攻撃である。これは、テキストメッセージや電子メールを介して発生し、内容にはリンクと、親しみを込めてクリックさせるメッセージが含まれています。

このようなリンクをクリックするとすぐに、パスワードや秘密鍵などの情報を入力する必要のあるサイトへ誘導されます。これらを入力することで、あなたはすでにそのフィッシング詐欺を行ったハッカーに自分の仮想通貨資金へのアクセス権を渡していることになります。仮想通貨ウォレットや取引所からの本物の通知は、決して個人情報を求めないことを常に念頭に置いてください。 

  1.  恐喝・強要詐欺

脅迫や恐喝を目的とした詐欺は、セキュリティやデータの侵害、個人的な写真やビデオの流出など、あなたにとって不利になるような内容が含まれるため、注意が必要です。

この種の詐欺では、詐欺師は匿名のアカウントを使用して、あなたに電子メールやメッセージを送信します。その内容は、次のようなものです。「秘密鍵を提供しないと、あなたのプライベートな写真がインターネット上に公開されます」といった内容です。

この種の詐欺は、詐欺師があなたの恐怖心を利用してお金を出させるので、犯罪的な強要の一例です。このような場合は、すぐに当局に連絡する必要があります。

  1. 投資・ビジネス詐欺

詐欺師やハッカーはより賢くなり、あなたを簡単に騙すことができる詐欺をさらに作り出しています。彼らは、投資やビジネスの機会を利用して、この業界に興味のある人々をターゲットにします。さらに、詐欺師は、より大きな報酬が約束されているため、人々に大金をキャッシュアウトさせる詳細な提案を作成するために、あらゆる手段を講じるのです。

あなたは、偉大で迅速なリターンの空約束を含む誤解を招くようなウェブサイトに遭遇するでしょう。これを避けるための最善の方法は、そのオファーや約束があまりにも良すぎるように見えるかどうかを分析することです。このカテゴリーに該当する場合、それは詐欺である可能性が最も高いです。

  1. ソーシャルメディアにおける偽のセレブリティの推薦

現在では、著名人も仮想通貨への資金投入に関心を持っています。イーロン・マスク氏やスヌープ・ドッグのような著名人は、デジタルコインへの関心を公然と表明しており、人々がこの流れに加わる動機付けとなっています。このため、詐欺師たちは、有名人が持っているアカウントと同じような偽のアカウントをソーシャルメディア上に作成します。このアカウントを使って、フィッシングサイトに誘導する不審なリンクを含むステータスのアップデートを投稿するのです。

この詐欺を避けるには、そのような仮想通貨の推薦を投稿したアカウントが、有名人の認証された本物のアカウントであるかどうかを確認する必要があります。多くの場合、検証済みのアカウントには、名前所有者の横にチェックのロゴが表示されています。

仮想通貨詐欺の見分け方と回避方法

詐欺が多発し、被害者が増えている今、ネット上で警戒を怠らず、自分の身を守ることが必要です。ここでは、仮想通貨詐欺を見分け、回避するためのヒントをご紹介します。

  1. 仮想通貨のホワイトペーパーを探す

どの仮想通貨にも、プロジェクトの基礎資料となるホワイトペーパーやICO(イニシャル・コイン・オファリング)があります。これには、背景、目標、戦略、タイムラインなどの関連情報が含まれており、人々にその投影のアイデアを与えることになります。この文書があれば、あなたが投資する予定の暗号が本物で信頼できるかどうかを確認することができます。

  1. 作成者についての調査

何かについて深く詳しく調べると、疑問が解消されることがあります。つまり、作り手とその信頼性についても調査する必要があります。学歴、資産、その他関連する情報を確認することができます。また、彼らの誠実さを保証してくれる人がいるかどうかを確認するのも一つの方法です。

  1. 大きな主張があるときは、その裏付けとなるデータを検索する

新興のアルトコインで、大きな主張をしているものを見かけたら、それを裏付けるデータを検索するのが一番です。そうすれば、彼らが言っていることが真実かどうかがわかりますし、そうでなければ、ただの手の込んだ詐欺になります。それはさておき、データを検索することで、さまざまなソースをチェックすることができるので、情報の一貫性を確認することができます。

  1. ネット上の人物を安易に信用しない

取引やコミュニケーションはすべてオンラインで行われるため、相手は見知らぬ人であることを常に念頭に置いておく必要があります。「見知らぬ人は危険」という意識を持つことで、詐欺がもたらす潜在的な危険に対して慎重になり、詐欺に近づかないようにすることができます。さらに、ネット上の人を安易に信用すると、詐欺師から騙されやすいターゲットにされてしまいます。

  1. 個人情報、秘密鍵を渡さない

個人情報や秘密鍵をネット上で安易に渡すことは、最も避けたいことです。これらはあなたの資金にアクセスするためのものであり、ネット上で公開することはあなたにとってトラブルの元でしかないことを忘れないでください。一旦これらの情報を渡してしまうと、資金を失い、個人情報を盗まれる可能性が高くなります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。