guide crypto banner en

分散型仮想通貨取引所のガイド

仮想通貨を使用している人は、あるウォレットから別のウォレットに資金がどのように送金されるのか疑問に思ったことがあるでしょう。その仕組みは「peer-to-peer transaction(ピアツーピア取引)」という言葉で表現されていますが、仮想通貨取引がユーザー間でどのように取引されるのかを完全に把握するには、複雑な情報が必要です。

取引所サイトは、仮想通貨ユーザーがデジタル資産を交換、購入、取引できるプラットフォームです。数分から数秒でトークンを手に入れることができる、高速でシームレス、かつコスト効率の高い取引が可能です。これらの取引所は、人々に資産へのアクセスを提供するため、仮想通貨の成長に大きな役割を果たしています。

しかし、取引所サイトの問題点は、民間企業が運営しており、ユーザーに高額な交換手数料を上乗せしていることです。さらに、ユーザーは中央サーバーに保存されている個人情報を提出する必要があるため、サイバー攻撃を受けやすいという問題もあります。そこで登場するのが、分散型の仮想通貨取引所です。

分散型取引所とは?

要するに、分散型取引所とは、仲介者や仲買人の干渉を受けずに買い手と売り手が交流する機会を提供するプラットフォームです。分散型であるため、システムが不安定になったときに、価格操作やユーザー情報の漏洩などの可能性がなくなります。

これらの非親告罪の取引所は、取引の当事者が設定した条件が満たされると自己実行するスマートコントラクトに大きく依存しています。

DEX(分散型取引所)の仕組みは?

ここでは、分散型取引所の仕組みを説明する、分散化に関する概念をいくつかご紹介します。

オンチェーン・オーダーブック

分散型取引所では、ネットワーク上の注文記録を管理する役割を担うオンチェーン・オーダーブックを使用します。また、オンチェーン・オーダーブックには、それを操作して取引を検証するマイナーが必要です。

オフチェーン・オーダーブック

オフチェーン・オーダーブックは、オンチェーン・オーダーブックとは逆のタイプです。このタイプのオーダーブックでは、すべての取引が中央のネットワークに記録され、「中継者」が取引の流れを管理します。このタイプのオーダーブックを使用している最も人気のあるDEXには、Binance DEX、OX、EtherDeltaがあります。

オートメイテッド(自動化)・マーケット・メーカー(AMM

オートメイテッド・マーケットメイカー(AMM)は、分散型金融に見られる機能で、リクイディティ(流動性)プールを利用することで、許可なく取引を実行することができます。AMMは、従来の市場での資産の売り買いに依存しないため、取引を容易にすることができます。

AMMでは、リクイディティプールを利用することで、取引されている資産の市場価格を変えることなく、ある資産を別の資産に簡単に交換することができます。分散型取引所では、大量の取引を処理するための十分な資産がなかったため、流動性の面で問題がありました。この問題を解決するために、リクイディティプールが作られました。

リクイディティプールは基本的に、ユーザーからのデジタルトークンのポットです。ポットに存在するすべてのトークンは、数学的な公式によって決定される異なる価格を持っています。AMMを使用しているDEX取引所は、MetaMaskやTrust Walletなどのウォレットを使って簡単に統合することができます。

ここでは、リクイディティプールに使用される数学的公式を紹介します。

tokenA_残高(p) x tokenB_残高(p) = k.

AMMのバリエーションは、分散型取引所やDeFiの種類によって様々なタイプがあります。例えば、Uniswapでは、任意のERCトークンで50/50の比率でリクイディティプールを形成することができます。一方、Curve Financeでは、任意の類似したステーブルコイン資産でリクイディティプールを形成し、ユーザーに可能な限り低い価格を提供することができます。

分散型取引所を利用するメリットは何ですか?

セキュリティ

中央管理型取引所の最も一般的なデメリットの一つがハッキングです。システムに侵入されると、ユーザーの資産の安全性が損なわれてしまいます。中央集権型取引所のサイトで最も有名な侵害は、Mt Gox、Bitfinex、Coincheckなどです。

分散型取引所はノンカストディアルであるため、ハッキングされる心配はありません。ユーザーがコールドウォレットやホットウォレットを使って取引できるので、ハッカーを排除するのは簡単です。ノンカストディアルウォレットとは、運営者によって管理されていないストレージのことです。

また、DEXのユーザーはリカバリーシードを使う必要がないため、アカウントの維持管理はユーザー自身が行うことになります。しかし、このノンカストディアル化の欠点は、ユーザーがアカウントを失ったときに、認証情報を取り戻す手助けをする中央機関がないことです。

プライバシーの保護

すべての中央集権的な取引所は、ユーザーが個人情報を提供することを要求するKYCプロトコルを持っています。これは、システムが侵害されたときに、これらの情報が不正な手段で使用される可能性があるため、大きな問題となります。

DEXでは、ユーザーに情報の提供を求めないため、こうした不正行為の影響を受けません。プライバシーとセキュリティを重視するユーザーには、DEXは良い選択肢となるでしょう。

誰もあなたの資金をコントロールしない

DEXのもう一つの特徴は、ユーザーが自分の口座や資産を完全にコントロールできることです。DEXのユーザーは、自分の暗号資産を完全に管理し、いつでもアクセスすることができます。アカウントの凍結や引き出しのブロックなどの問題は、分散型取引所では解消されます。

知っておきたい分散型取引所の種類

市場にはたくさんの分散型取引所が存在します。それらを利用したいとお考えの方に、お勧めできるトップDEXをいくつかご紹介します。

1InchExchange

1InchExchangeは、スワップ機能、指値注文機能、イールドファーミングを備えた最も人気のある分散型取引所の一つです。この取引所の特徴は、自分のウォレットをシステムに接続し、個人情報を提供する必要なく利用できることです。1InchExchangeには、スマホ、ラップトップ、タブレットなどのデバイスを超えてアクセスできます。

Uniswap

Uniswapは、イーサリアムネットワーク上に構築されたもう一つのノンカストディアルプラットフォームです。この取引所は、さまざまな仮想通貨の自動取引を促進することができます。Uniswapのユニークな特徴の1つは、ユーザーがネットワーク内の流動性プロバイダーになれることです。

Pancakeswap

Pancakeswapは、市場で最も人気のある分散型取引所の一つで、仮想通貨ユーザーに多くの分散型機能を提供しています。BinanceスマートチェーンのプロジェクトとしてリリースされたPancakeswapでは、ユーザーはトークンを交換したり、流動性プロバイダーとして参加したり、トークンを流動性プールに賭けて新しいトークンをファームすることができます。

その他の仮想通貨関連ニュースはCryptoshimbunでご覧いただけます。サイト訪問の際には、最新の更新情報をお見逃しなく。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です