elastic token banner

仮想通貨市場におけるエラスティックトークンの出現

テクノロジーの発達は、金融業界を改善するための新しい方法を生み出すよう人々を駆り立てています。その一例が仮想通貨とその分散型金融(Decentralized Finance)、略してDeFiです。これは、金融取引におけるあらゆる第三者を排除することを目的とした新しい技術です。さらに、複数の暗号資産を使って商品やサービスと交換する場でもあります。現在のところ、これは多くの仮想通貨を保有し、そのブロックチェーンに金融商品の新リリースをホストしています。その新しいものの1つは、エラスティックサプライトークン仮想通貨と呼ばれるものです。

Cryptoshimbunでは、それについての詳細とその仕組みを知ることができます!

エラスティックサプライトークンとは?

エラスティックトークンは、リベースコインとも呼ばれ、価格を維持する手段として供給量を常に変化させる仮想通貨です。つまり、その供給量がトークンの価格変動に依存する資産ということです。スマートコントラクトを使用し、「リベース」という処理を行うことで供給量を調整します。

リベース、つまり供給量の調整は、トークンの価値が目標価格より高くなったり低くなったりしたときに起こります。しかも、トークンの価値と供給量は正比例の関係にあります。つまり、価値が目標価格より高くなると供給が拡大し、価値が低くなると供給が縮小または焼失するのです。

このほか、エラスティックサプライトークンは、ステーブルコインと類似しています。後者は、担保設定によって価格の安定性を実現しています。この種の仮想通貨は、その市場価値を不換通貨や商品などの外部参照に固定します。一方、エラスティックサプライトークンは同様の前提を持ちますが、違いはリベースプロセスにあります。

一言で言えば、エラスティックサプライトークンが輝くのは、その高いボラティリティ(変動性)のためです。それにもかかわらず、リベースプロセスがその価格を安定させるもので、通常24時間後、または時間加重平均価格(TWAP)に応じて行われます。

リベースプロセスはどのように行われるのか?

状況的な例では、あなたは10個のエラスティックサプライトークンを持っており、各トークンの目標値は1ドルに設定されているとします。その価格が2ドルに上昇すると、トークンの供給が増え、あなたのウォレットに多くのトークンを与えることになります。しかし、そうなると各トークンの価値は下がってしまいます。その結果、供給が増えることで需要が低くなり、価格が目標値まで下がるのです。

一方、トークンの価値が目標価格より低い場合は、供給が収縮し、各トークンの価値が高くなります。全体として、このリベースプロセスは、エラスティックトークンの不安定な性質に対応しています。

エラスティックトークンの例

エラスティックトークンの性質がわかったところで、このカテゴリで上位に位置するトークンをじっくりと見ていきましょう。以下、参考までにリストアップします。

  1. アンプルフォース

アンプルフォースプロトコルはイーサリアムブロックチェーン上で動作し、米ドルと等しい暗号資産でユーザーに報酬を与えるよう努めています。この仮想通貨は、価格価値の変化があるたびに供給量を調整するリベースシステムを導入しています。その結果、これによってアンプルフォースは弾力的かつ非希薄になり、ユーザーは全体の供給量の同じ割合を保持することになります。

アンプルフォースのトークンはAMPLと呼ばれ、その価値は毎日監視され、米ドルと等しい状態を保つようにします。24時間後、AMPLの価値と供給は変化し、以下のような状態で存在することが可能です。

  • 拡大 – AMPLの価値が1ドルより大きい場合、新しいトークンをAMPL経済に追加する必要があることを意味します。
  • 収縮 – AMPLの値が1ドル未満になると、経済においてトークンを取り除く必要性が生じます。
  • 均衡 – 1AMPLの値が1ドルになったとき、AMPLは均衡に達します。

  1. ヤムファイナンス

イーサリアムブロックチェーンに存在するもう一つの仮想通貨は、ヤムプロトコルです。これは、YAMと呼ばれる暗号資産を提供することで、ユーザーに報酬を与えようと努めています。このトークンは米ドルの価格を反映し、またそのボラティリティに対応するためにリベースプロセスを使用します。

この仮想通貨は、DeFiプロジェクトからのコードのパッチワークから作成されています。ヤムプロトコルのローンチ時には、システムの全ユーザーが異なる仮想通貨をロックし、それによってYAMトークンを獲得しました。

さらに、ヤムプロトコルの前提は、分散型金融(DeFi)の人気を高めることに貢献しました。

  1. ベースプロトコル

ベースプロトコルと呼ばれる分散型金融アプリケーションは、イーサリアムブロックチェーン上で動作します。また、データフィードの一部であるチェーンリンクと呼ばれるオラクルサービスを使用しています。そのネイティブな仮想通貨はBASEトークンで、その価格は仮想通貨の市場規模全体に固定されています。そのため、その価値は1:1兆の比率を持っており、たった1つのトークンで仮想通貨市場の価値を推測することができます。YAMやAMPLと同じように、このトークンもリベースプロセスを使用しています。

人々はエラスティックサプライトークンを必要としているのか?

エラスティックサプライトークンの性質は、仮想通貨の不安定な性質を弱めようとするものです。供給数を変化させることは、トークンの価格を安定させるための方法です。そのため、これらのトークンの主な目的は、価値が変わらないようにすることです。 

エラスティックサプライトークンのリスク

エラスティックサプライトークンの前提は素晴らしいのですが、まだ実験段階です。つまり、人々が掘り下げることができるデータが少ないのです。エラスティックサプライトークンに関する情報が少ないということは、投資家にとって判断材料となるデータが少ないということなので、大きなリスクとなりえます。

エラスティックトークンに投資すべきなのか?

この質問の答えは、あなたがどれだけそのリスクに手を出すかによって異なります。新しいことに挑戦することに抵抗がないのであれば、エラスティックトークンに投資して、すべてがどうなるかを見るべきでしょう。 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。