axie infinity banner image main

アクシー・インフィニティのRoninチェーン、ハッキングにより6億ドルの損失を被る

3月29日にゲーム開発者Sky Mavisの投稿で発表されたように、アクシー・インフィニティはRoninブロックチェーンでの大規模なハッキングにより、およそ6億ドル相当の仮想通貨を失いました。このサイバー攻撃は、DeFi強盗史上最大の損失と記録されており、数百万人のユーザーが資産を引き出すことができない状態に陥りました。

4月9日、アクシー・インフィニティの開発者Sky Mavisの共同創設者であるAleksander Larsen氏は、Coindesk TVのインタビューに応じ、プレイ・トゥ・アーンのプラットフォームで発生した大規模ハッキングについて話しました。彼は被害者に謝罪し、「Roninネットワークに資金を預け、我々を信頼してくれたプレイヤーたちだ。それなのに、その信頼に応えられなかった」と述べました。

また、Larsen氏は、アクシー・インフィニティの成功のスピードが速かったため、管理が難しくなったと述べています。さらに、「今回のことはとてもよい教訓となった。全責任は私たちにある」と付け加えました。

同氏はチームを代表して、最近実施したブロックチェーンの変更が攻撃の重要な要因となったため、自分たちの過ちを認め、正しい対応を行うとしています。Larsen氏は、「私たちは、…進歩的な分散化という道を突き進んだチームであり、…そうしたすべてのトレードオフが、この攻撃に対して脆弱にさせたのです」としています。

最近、アクシー・インフィニティはシステムを分散型から中央集権型に変更しました。イーサリアムネットワークを離れ、より安価で高速、かつ中央集権的な選択肢であるRoninネットワークを選択したのです。このネットワークには、ネットワークを認証する役割を担うバリデーターが数人しかいませんでした。さらに、これらのバリデーターはすべてSky Mavis自身が厳しく監視していました。

このネットワークの突然の変更は、3月29日の攻撃でユーザーを無防備にした大きな要因であるとLarsen氏は認めています。

アクシー・インフィニティは、かわいい生き物を集めて他のプレイヤーのコレクションとバトルするというポケモンのようなシンプルな前提にもかかわらず、最もプレイされているプレイ・トゥ・アーンゲームの1つになるまでに急速に成長しました。現在では、毎日200万人のユーザーを記録し、そのマーケットプレイスは36億ドルの取引を促進しました。ネットワークが受けたダメージにより、Aleksander Larsen氏と彼のチームは、失われた仮想通貨を回復するには約2年かかると予測しています。

最新の仮想通貨のアップデートについては、Cryptoshimbunの他の記事を気軽にチェックしてみてください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です