nft news main

ノンファンジブル・トークンについて知っておくべきこと

最近、仮想通貨市場で盛り上がりを見せているのが、NFT(ノンファンジブル・トークン)です。これらのトークンは7年前から存在していますが、主流になったのは2021年のことです。

その人気の急上昇がどれほどのものかを簡単にスコープで見てみると、マーケットプレイスのデータでは、2020年には1,370万ドルの売上がありました。それが2021年の上半期には、すでに25億ドルにまで高騰しているのです。

しかし、NFTとは一体何なのか?なぜ今人気が出ているのか、なぜ数百万ドルの価値があるのか?Cryptoshimbunでは、その詳細をご紹介します!

ノンファンジブル・トークンとは何か?

ノンファンジブル・トークンは、アート作品や写真、ビデオクリップなどの現実世界のアイテムと結びついたデジタル資産です。ノンファンジブルということは、何かと交換できないということです。

通常のトークンとは異なり、互いに交換可能な同じ価値を持たないのです。例えば、1ビットコインは1ビットコインと交換できます。つまり、オンラインや参加している加盟店で商品やサービスを購入するためには使用できません。他の仮想通貨と同様に、NFTもブロックチェーン上で動作します。

ブロックチェーンは、行われたすべての取引を含む分散型の公開台帳として機能します。これは、販売された特定のNFTの所有権を証明するものであり、インターネット上の誰もがアクセス可能です。この技術により、すべての取引がタイムスタンプのように記録されるため、情報の改ざんやデータの操作が不可能になります。

なぜ今、NFTが人気なのか?

ノンファンジブル・トークンは、特にアートやゲームの業界でユーザーが急増しました。NFTを利用することで、アーティストやゲーマーは自分のオリジナル作品や有名なアイテムをオンラインで収益化することができます。これに加えて、アイテムを収集する傾向が強まったことも、NFTの人気を高める要因となりました。

また、大物芸能人の活躍もあって、人気に火がつきました。最近では、ザ・ウィークエンドやパリス・ヒルトンなどのスターがNFTについて語る姿も見られます。世界的に有名なコメディー番組「SNL(サタデー・ナイト・ライブ)」でも紹介されるほど、主流となっています。

NFTはどのように使われるのですか?

NFTは、世界で誰も持っていない希少なものを所有するコレクターズアイテムに例えられます。ここでは、写真、ビデオ、音楽などがそれにあたります。ノンファンジブル・トークンは、Mintable、Rarible、SuperRareなどのNFTマーケットで販売されており、イーサリアム(ETH)を使って購入します。これはその後、以下のような利用可能な取引所を使って現金に換えることができます。

  • Coinbase
  • Kraken
  • Gemini

これまでに販売された最も高価なNFT

人々は様々なアーティストによって様々なNFTを紹介されてきました。今では、ユニークなNFTがたくさん市場に出回っています。ここでは、これまでに販売されたNFTの中で、知っておくべき最も価値のあるものを紹介します。

The Best I Could Do – $1,650,000

世界的に有名なアニメ「リック&モーティ」の共同制作者であるジャスティン・ロイランド氏は、「The Best I Could Do」でNFTの世界に足を踏み入れました。この作品では、もうひとつの代表的なアニメシリーズである「ザ・シンプソンズ」のキャラクターをチャーミングに描いています。

宇宙人のような特徴を持つキャラクターが描かれたこのラフスケッチには、ロイランド氏の独特のスタイルが見て取れます。この作品は、2021年1月にNFTs STREETに150万ドル以上で売却されました。

Jack Dorsey’s first tweet – $2,900,000

ソーシャルメディアの巨人、Twitterの創業者であるジャック・ドーシーは、今年の初めに自分の最初のツイートをNFTとして売却しました。このツイートは、「just setting up my twttr」と書かれたもので、290万ドルで落札されました。このツイートは15年以上前につぶやかれたもので、史上初のツイートとも言われています。

このような歴史的な意味を持つツイートは、その価値を高め、落札価格につながりました。ドーシーは、このNFTで得た収益のすべてをGiveDirectlyという慈善団体に寄付しました。

Doge – $4,000,000

インターネット上で最も象徴的で愛されているミームの一つであるドージは、7月に400万ドルでNFTとして売却されました。この写真に登場する犬は、かぼすという名前の柴犬です。

その写真に写っていた顔は象徴的で、数え切れないほどのミームに登場しています。また、Dogecoinに登場するDogeと同じであることも注目すべき点です。

Doge NFTは、象徴的な犬の飼い主であるさとうあつこさんによって、7月にオークションに出されました。この画像は現在、イーサリアムで1,696.9を支払って取得したPleasrDAOのものとなっています。

CROSSROAD – $6,600,000

NFT市場で最大のネットアーティストの一人は、「Beeple」の名で知られるMike Winkelmann氏です。今年の初め、彼は「CROSSROADS」という10秒の短いクリップを660万ドルで売却しました。

この作品はNifty Gatewayというオークションプラットフォームで購入されましたが、BeepleはこのNFTの2つのバージョンを作っていたため、購入者はどちらの作品を手に入れるか分かりませんでした。トランプ氏が大統領選挙に勝利した場合と、バイデン氏が勝利した場合の2つのバージョンがあり、公開されたのは後者の方でした。

Cryptopunk#3100 – $7,580,00

Cryptopunk#3100は、2017年にLarvaが公開したピクセルアート画像のコレクションに属します。ランダムに生成されたキャラクターで、合計1万体のクリプトパンクが作られました。

CryptoPunkは、市場で最も高価なNFTの1つとされています。青いエイリアンパンクのキャラクターが特徴で、2021年3月11日に750万円以上で販売されました。

Everydays: The First 5000 Days – $69,000,000

これまでに販売された中で最も高価なNFTを決定するのは難しいことではありません。トップに立ったのは、世界的に有名なネットアーティストであるBeeple氏の作品「Everydays: The First 5000 Days」という作品で6,930万ドルで販売されました。

この作品は、クリスティーズが開催した最初のオークションで落札されたものです。このアート作品は、2007年5月から5年連続で1日も休まずに活動してきたことをまとめたものです。現在のところ、このアート作品が落札された価格に近づいたNFTはありません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。