private coins banner image

プライバシーコイン:知っておくべきこと

仮想通貨市場に関してトレーダーが頼りにするものがあるとすれば、それは分散化された匿名環境にいるという事実です。このため、機関や第三者機関に追跡されることを心配することなく、安心して取引することができます。

もしあなたが、仮想通貨が提供するプライバシーと匿名性をさらに明確にするものを探しているなら、これ以上探す必要はないでしょう。プライバシーコインは、オンラインでの活動を非公開にし、誰の監視の目も気にせず投資を楽しみたい方に最適な選択肢です。

まずは、プライバシーコインとは何か、そしてどのように手に入れることができるのかを理解する必要があります。プライバシーコインとは何か、そしてどのように手に入れることができるのかを理解することが必要です!プライバシーコインとその特徴については、次のセクションで詳しく説明します。 

プライバシーコインの仕組みは? 

一般的な仮想通貨はすでに匿名性を提供していると思うかもしれませんが、プライバシーコインは何がそんなに特別なのでしょうか?その名が示すように、プライバシーコインは、送金者と受取人を完全に匿名化し、追跡不可能にすることで、取引時に高いプライバシーとセキュリティを提供する仮想通貨です。これは、ステルスアドレス、リング機密取引、CoinJoinなどの様々な戦略によって可能になります。

ブロックチェーン技術は透明性が高く、誰でもアクセスできるという評判がありますが、プライバシーコインを使用すると、これが変わります。非プライバシーデジタル通貨を使うと、取引記録や公開アドレスがすべて見えてしまう。一方、プライバシーコインを使えば、どれだけ取引をしても、どこで受発信しても、取引記録は完全に非公開になります。

プライバシーコインに投資する場合、将来の投資家は、実際に購入する前に、まず時間をかけてその詳細を知るのが普通です。モネロやビームのようなプライバシーコインを最終的に購入する人は、ビットコインやイーサリアムのような他の主流のデジタル通貨とは異なり、ポートフォリオに素晴らしい追加をすることになります。

また、規制当局と仮想通貨プラットフォーム間の終わりのない問題から、プライバシーコインが合法かどうか気になる方もいるかもしれません。答えはイエスで、プライバシーコインは合法ですが、これはあなたの地域によって異なります。例えば、韓国と日本ではプライバシーコインの使用と所持は許可されていません。ですから、取引する前にまず現地の規制を必ず学んでください。 

プライバシーコイン:その背後にある技術

プライバシーコインの独創的なアイデアは、技術をまとめるためのいくつかの戦略なしには実現しません。プライバシーコインを構成する主な種類は次の3つです。 

リング機密トランザクション

RingCTとも呼ばれるリング機密トランザクション は、プライバシーコインが送り手と受け手の情報を暗号化するために使用するものです。取引の際、両者のみが公開鍵や送金額にアクセスすることができます。 

CoinJoin 

プライバシーコインが使用するもう一つの戦略は、多数の仮想通貨トランザクションを混ぜ合わせて簡単に追跡できないようにするCoinJoinです。その結果、どのアドレスから誰にどれだけのコインが送られたかを追跡することが難しくなり、よりプライベートな取引が可能になります。   

ステルスアドレス  

プライバシーコインの追跡不可能な特性をさらにサポートするために、ステルスアドレスも使用されています。これは、取引を行うたびに新しい仮想通貨ウォレットのアドレスが作られることを意味します。データが頻繁に変更されることを考えると、少し面倒かもしれませんが、資金の安全性を確保することができます。 

The advantages of using privacy coins

プライバシーコインは規制当局の監視下に置かれることが多いが、投資する側には多くのメリットがあります。以下のセクションで、これらの利点のいくつかを見てみましょう。

プライバシーコインの最も重要な利点の一つは、匿名性です。これは、あなたのウォレットやアカウントがプライバシーコインで取引されている限り、あなたの公開アドレスさえも暗号化されることを意味します。一旦、他のアカウントから取り出したり、受け取ったりすれば、それを使って匿名で自由に何でもできるのです。

ブロックチェーンに残る記録は、取引が行われた時だけであることを心に留めておいてください。例えば、ドージコインをモネロに変換することにした場合、その取引の記録はブロックチェーンに永久に残りますが、その後モネロで行うことはすべて匿名になります。

追跡不可能な取引もまた、プライバシーコインを使用することで得られる利点の一つです。これを使うことで、銀行や中央当局から金融活動を非公開にすることができます。

これらの利点は、すべての記録をパブリックブロックチェーンから外し、規制当局から遠ざけたい人にとって魅力的なものです。自分の資金を完全に管理し、誰にも追跡されたりアクセスされたりするリスクを負わないことを望むなら、プライバシーコインはあなたのためにあります。 

市場におけるトッププライバシーコイン

さて、プライバシーコインについて、またその特徴についてお分かりいただけたと思いますので、次に、最も優れたプライバシーコインのリストをご覧ください。以下のリストで詳細をご覧ください。 

モネロ (XMR)

2014年4月に初めてリリースされたモネロは、市場で最も人気のあるプライバシーコインであり、その評価を維持し続けています。現在のところ、価格は221.79ドルで、時価総額は40.5億ドルとなっています。Binance、OKX、Huobi Globalなど、ほぼすべての主要な仮想通貨取引所でモネロを手に入れることができ、支払い手段としても使用することができます。 

ダッシュ(DASH)

ダッシュもまた、かなり人気のあるプライバシーコインです。2014年1月に初めてリリースされ、現在の価格は141.65ドル、時価総額は14億9000万ドルで現在の全仮想通貨中79位をキープしています。取引を完全に非公開にするかどうかを選択できる機能を持つダッシュは、プライバシーコインを試してみたい方にとって格好の入門コインです。

ヴァージ(XVG)

ヴァージは他のプライバシーコインと同じ2014年に初めて発売され、現在CoinMarketCapのチャートで189位にランクインしています。時価総額は2億2858万ドルで、現在の価格は0.01384ドルです。その最大の特徴は、ユーザーが簡単にステルスアドレスに資金を送れることです。

ダッシュやモネロと同様に、HitBTCやGate.ioなどの一部の仮想通貨取引プラットフォームでヴァージを手に入れ、オンライン製品やサービスの支払い方法として利用することもできます。

今すぐプライバシーコインを投資ポートフォリオに加えよう!

プライバシーコインは、仮想通貨の世界で完全な匿名性を求めるなら、ぜひ試していただきたいコインです。追跡不可能な取引は多くのトレーダーが好むものであり、このユニークなタイプのデジタル通貨は期待を裏切らないでしょう。プライバシーコインに投資すれば、シームレスで完全に安全な体験が期待できます。自分に合うかどうかを見極める唯一の方法は、投資ポートフォリオに追加して試してみることです。プライバシーコインの詳細や暗号に関するあらゆる情報は、Cryptoshimbunでご確認ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。